漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

少年マンガ
封神演義【期間限定無料】 1
この巻を買う/読む

封神演義【期間限定無料】 1

【期間限定無料あり】2018/3/5 0:00まで
通常価格:
371pt/371円(税抜)
(4.4) 投稿数58件
封神演義(23巻完結)
作品内容

※2018年3月4日までの期間限定無料お試し版です。2018年3月5日以降はご利用できなくなります。【少年ジャンプ50周年記念事業「ジャンプ展」開催記念!最高発行部数時代のジャンプを支えた伝説の作品が無料で読める!】【カラーページを収録したデジタル特別編集版!】紀元前11世紀の中国、殷(いん)の時代末期。崑崙山脈(こんろんさんみゃく)の仙人・太公望(たいこうぼう)は、悪しき仙人・道士を封印する「封神計画」という任務を受ける! 殷の皇帝・紂王(ちゅうおう)を誘惑して暴虐の限りを尽くす仙女・妲己(だっき)を、太公望は真っ先に封神しようとするが…!?

作品ラインナップ  全23巻完結
レビュー
封神演義のレビュー

平均評価:4.4 58件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 懐かしくて読んでしまう
    Mikaさん 投稿日:2018/2/20
    子供の頃に読んだことがあって、懐かしくて読み返してしまいした。今読むとオチが都合良すぎるなあと思うときもありますが、少年ジャンプ掲載のマンガだと思えば、仕方ないでしょう。
  • (5.0) 大好きなマンガ
    めいさん 投稿日:2018/2/19
    歴史を背景に仙人たちの闘いを描いた作品。それぞれの心理描写が上手く、物語の運びがスマートで飽きずに一気に読み進められます。多くのキャラクターもしっかり描き分けられ、感情移入もバッチリです。何度読み返したか分かりません
  • (5.0) 初めて完読した作品。
    ゆうゆうさん 投稿日:2018/1/20
    中学生の頃だっただろうか。 漫画は妹に勧められたものを少し読む程度だった。 そんな私が、暇な日に妹が買っていたジャンプを盗み読みして初めて自分から面白いと思い、単行本を揃えて、ジャンプで最終回を読んで、物悲しさを知った。 とても壮大で あり、非情であり、雄弁な話だったと思う。 久しぶりに読み始めて、そうだったと思い返す、時間を置いてまた何度も読んでしまう漫画も、この作品が初めてだ。 もっとみる▼
  • (4.0) 懐かしい
    さくさくさん 投稿日:2018/1/20
    連載されている当時にコミックスを買ってラストまで読んでいます。 とっても懐かしくて今読み直しをしていますが時間がたっても楽しめる漫画です。 コメディタッチな所もあり、読み手としてはそれに救われると感じるお話の内容もあります。 残酷なシ ーンや悲しくなる場面もありますが、大丈夫な方にはおすすめです。 もっとみる▼
  • (5.0) アニメの方はよろしくないですね、今回
    コーリーンさん 投稿日:2018/1/20
    二度のアニメ化に期待したが内容早いし詰めすぎ感がある。二度アニメ化する意味有ったのか疑問。声優陣の入れ替えは仕方ないにしても画質良くても内容は頂けないです。大好きな作品なので本当に二度目のアニメ化は残念です。 この二度目のアニメの方から見 た方は可哀想な気がする。 もっとみる▼
少年マンガランキング
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 封神の書とは…!?
    中国の神怪小説「封神演義(ほうしんえんぎ)」をモチーフとする少年漫画!舞台は紀元前11世紀の中国 殷の時代末期。絶世の美貌を持つ仙女・妲己(だっき)は、殷の皇帝を魔術でたぶらかし、国を好き勝手に支配して、多くの民を苦しめていました。三代仙人の一人である元始天尊(げんしてんそん)は、修行ということで一番弟子である太公望(たいこうぼう)に悪い仙人たちを封神の書に閉じ込めるよう命じます。嫌がるも、太公望には因縁があり仕方なく始めるといきなり強敵が…!アニメ化もされていて、円満に最終回を迎えることの出来たとってもオススメの一作です!著者は藤崎竜先生で、代表作は「屍鬼」です。
    制作担当:はてなはてな
▲ページTOPへ