漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

少年マンガ
封神演義 1
この巻を買う/読む

封神演義 1

通常価格:
370pt/370円(税抜)
(4.5) 投稿数52件
封神演義(23巻完結)
作品内容

【カラーページを収録したデジタル特別編集版!】紀元前11世紀の中国、殷(いん)の時代末期。崑崙山脈(こんろんさんみゃく)の仙人・太公望(たいこうぼう)は、悪しき仙人・道士を封印する「封神計画」という任務を受ける! 殷の皇帝・紂王(ちゅうおう)を誘惑して暴虐の限りを尽くす仙女・妲己(だっき)を、太公望は真っ先に封神しようとするが…!?

作品ラインナップ  全23巻完結
レビュー
封神演義のレビュー

平均評価:4.5 52件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) なつかしの
    しののめさん 投稿日:2017/10/7
    フジリュー封神演義。原作もみてはいないが、まあ全くといっていいほど別作品に近いんでしょうね。 でもこれはこれで楽しめました。中国歴史物の取っ掛かりにいいと思います。
  • (3.0) 人数増えすぎ
    ちび助さん 投稿日:2017/8/29
    でも申公豹は好きだったんだ。 でもこの人藤崎竜以上であって藤崎竜以下なんだよなあ。 他の作品にときめかない。原作付きは良くないよ。
  • (5.0) なつかしい
    かじさん 投稿日:2017/8/26
    これを読んでから原作が気になって読みました。原作とは違うけどやはり楽しめました!
  • (4.0) 話は面白いと思いますが・・・。
    方代吏紅さん 投稿日:2017/8/9
    ただ単に、全てのキャラが妲己一人に振り回されていただけというような気がする。
  • (5.0) 懐かしい…
    あいらさん 投稿日:2017/7/14
    かなり昔のコミックスですが今見ても色褪せないフジリューワールドだったりキャラの強さだったりギャグあり笑いあり涙ありで面白いです。 ふとした時になんども読み返したくなる作品
少年マンガランキング
同時期放映メディア化作品
スタッフオススメ!
  • 封神の書とは…!?
    中国の神怪小説「封神演義(ほうしんえんぎ)」をモチーフとする少年漫画!舞台は紀元前11世紀の中国 殷の時代末期。絶世の美貌を持つ仙女・妲己(だっき)は、殷の皇帝を魔術でたぶらかし、国を好き勝手に支配して、多くの民を苦しめていました。三代仙人の一人である元始天尊(げんしてんそん)は、修行ということで一番弟子である太公望(たいこうぼう)に悪い仙人たちを封神の書に閉じ込めるよう命じます。嫌がるも、太公望には因縁があり仕方なく始めるといきなり強敵が…!アニメ化もされていて、円満に最終回を迎えることの出来たとってもオススメの一作です!著者は藤崎竜先生で、代表作は「屍鬼」です。
    制作担当:はてなはてな
▲ページTOPへ