マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

ニュクスの角灯 1巻

通常価格:
997pt/1,096円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.8) 投稿数23件
ニュクスの角灯(6巻配信中)

作品内容

1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった……ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)……先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  6巻まで配信中!

  • ニュクスの角灯 1巻
    登録して購入
    通常価格:
    997pt/1,096円(税込)
    1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった……ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)……先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……
  • ニュクスの角灯 2巻
    登録して購入
    通常価格:
    997pt/1,096円(税込)
    1878年・長崎ー触れた物の未来が見える不思議な少女と、先進と享楽の都・パリからやってきた夢の品々を巡る、豊潤なる人間ドラマ。両親を亡くし親戚の家に身を寄せる内気な少女・美世は、触れた物の未来が見える“神通力”を買われ、道具屋「蛮」の売り子に採用される。西洋の最先端の品々に触れ、美世が彼の地への憧れを募らす一方で、店主・小浦百年(ももとし)は、没落した女性実業家・大浦慶にある商談を持ちかける。それは欧米でのジャポニズムの隆盛と明治政府の国策を見据えた新事業で……次々と明らかになる“大人たち”の過去と切ない別れの予感に、美世は……日仏で熱い注目を集める明治ハイカラ・アンティーク浪漫!
  • ニュクスの角灯 3巻
    登録して購入
    通常価格:
    997pt/1,096円(税込)
    「君を10年以上ずっと恨んでいた。 つまり……愛していたんだ…」きらびやかなパリの街で再会した日本の青年と碧眼の美女。再び動き始めた愛の時計は、やがて頽廃と破滅の時を刻み始め―1878年・長崎ーパリ万博で最先端の品々を仕入れてきた小浦百年は、今度は日本の優れた工芸品を海外で販売するため渡仏を決意する。出発間際、美世から恋心を打ち明けられた百年だったが、彼の懐中時計には碧眼の美女の写真がしまってあり……。既刊大重版&各界から絶賛の嵐!! 明治ハイカラ・アンティーク浪漫、大注目の最新刊!!【第20回(2017年)「文化庁メディア芸術祭」審査委員会推薦作品】【THE BEST MANGA 2017「このマンガを読め!」第4位(フリースタイル刊)】【ダ・ヴィンチ「絶対にはずさない!プラチナ本」掲載(KADOKAWA刊/2016年11月号)】【2017年&2016年「手塚治虫文化賞」ノミネート作家】
  • ニュクスの角灯  (4)
    登録して購入
    通常価格:
    997pt/1,096円(税込)
    「僕は、いちばん大事な人をいちばん残酷な場所に置いてきてしまった…」1879年(明治12年)、パリー芸術は爛熟し、先進の品々が人々を魅了する“光の都”。日本の美術工芸品が上流階級を中心に人気を博す中、時代の享楽と頽廃は百年とジュディットを深い孤独の淵に追い立てる。一方、長崎では美世を憧れの地へ導く新たな出会いが……既刊大重版&各漫画賞続々ノミネート! テレビや新聞でも話題沸騰の「明治アンティーク浪漫」愛の深淵を描く第4巻!!
  • ニュクスの角灯 (5)【電子版特典付】
    登録して購入
    通常価格:
    997pt/1,096円(税込)
    祝・文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞!!1878年(明治11年)、華やかで残酷な時代を懸命に生きる人々の愛のドラマを、切なく、そして美しく描き出す傑作長編。百年の面影と海外行きの夢を捨てきれぬ美世だったが、ある起立工商会社の社長・松尾儀助から誘われ渡仏が決まり……長崎からパリへ、美世の2年間の洋行が始まった。第21回(2018年)文化庁メディア芸術祭受賞!大注目の明治アンティーク浪漫!※電子版にはおまけマンガ8ページを収録。
  • ニュクスの角灯 (6)
    登録して購入
    通常価格:
    1,100pt/1,210円(税込)
    「美世、幸せな時代を生きる幸せな女性におなり――」浮世絵がもたらしたジャポニスムの夜明け。長崎とパリ、「最も美しき時代(ベル・エポック)」を生きた人々のドラマはやがて1945年の「あの日」に辿り着く――日仏で絶賛される明治アンティーク浪漫、感動のフィナーレ。

レビュー

ニュクスの角灯のレビュー

平均評価:4.8 23件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) わくわくする
    てんさん 投稿日:2022/7/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 たまが出てきて嬉しかった! 作品の世界が繋がって、キャラクターの生き死にに泣いて笑って。 あたたかい作品。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 理想を超えてきた
    anさん 投稿日:2020/12/8
    ダイコーフンです。最高にまた一つ出会えた幸せ。 大戦中お婆さんの回想録のような形で、輸入雑貨やさんを舞台にした明治浪漫譚が始まります。ザックリ言うと19世紀末期、欧州におけるジャポニズムブームに懸ける長崎商人たちのお話です。 自分長いこ と明治工芸にハマっていまして、それらが作中でチラホラ取り扱われるので、それだけで鼻息荒くなりました。著名人もいっぱい出てきて好奇心が忙しい。 この当時のニュースや建築、食べ物、文化、アンティークな品々の歴史などを紹介してくれる幕間もボリュームがあり、息つく間もなくずっと楽しかった。 それでいて人間ドラマもたっぷりと。史実を織り交ぜながら大筋に沿いつつ創作部分も素晴らしかったです。未熟だった主人公が色んな経験を吸収して、恩人の大事な人の救いになる成長ぶりは胸アツでした。舞台がパリに移ってからとか、題材に興奮して訳分からなくなってきちゃったので何度か読み返すハメになりました。 嗜好に叶いすぎて星10付けたい。有難うございます。 あとはマッシュ黒川くんで別冊出してくれたら三千円でも買う。 もっとみる▼
  • (5.0) 明治の長崎
    なつこさん 投稿日:2021/5/11
    長崎の鍛冶屋町で輸入商を営む青年のもとに、従業員募集の貼り紙をみた養母につれられて、サイコメトリー能力をもつ少女がやってくるのが第一話。いまのところ2巻まで読んだけど、サイコメトリーの特異さは、それほど物語には関わってこず、当時の文化や風習 、人々の暮らしぶりをわかりやすくストーリーのなかに練り込んでおり、物語の面白さもさることながら、知識欲が満たされて読んでて幸福感を感じる作品です。長崎市内の地理に明るいと、知っている地名がバンバン出てくるので面白さが天井知らずです。丸山遊郭の解放令すぐ後だから元遊女という脇役も出てきますし、出島、山手居留地、女傑・大浦慶など郷土ワードがてんこもり。あとお寺さんも「あ…!」と思う描写なので、輸入よろず店「蛮」はあの辺りにあったのかなーなど想像も膨らんでワクワクします。3巻からは、店主と国を隔てて、どのように従業員たちが動いていくのか楽しみです。 もっとみる▼
  • (5.0) 落ち着いて読める作品
    カフェオレさん 投稿日:2018/1/27
    明治時代が舞台で、多少セリフは多めですが、重く堅苦しい感じかと思いきやそんなことはなかったです。登場人物は奇抜ではなく程よく個性的で、現代とは違った情緒の中、落ち着いて読める作品。まだストーリーがどういった方向に展開されるのか読めませんが、 お店の展開を中心に主人公の女の子の成長物語なのかなと思ってます。読んでいるとこの女の子と同じように新しい世界が開ける希望というか明るさをじんわりと感じました。なんかNHKの朝ドラにちょうどいいんじゃないかという気もしますが(笑)、面白いですね。 もっとみる▼
  • (5.0) さすが手塚治虫文化賞!
    chooさん 投稿日:2020/5/6
    テレビで本作品が「手塚治虫文化賞を受賞」と聞いたので何気なく購入。 いまどき、胸きゅん狙いも無い、ギャグでもバイオレンスでも無い作品で、こんなにワクワク楽しめる作品は希少だと思います。 おまけページで、作者がアンティークや時代背景に 思い入れがあるのがよく解る辺りも、作品に深みを持たせてくれます。 もっと作品を広めてもらって、アニメでも実写でも映像化して欲しいです! もっとみる▼
  • (5.0) 明治初期、パリ上海長崎・・・趣き深い!
    沈丁花さん 投稿日:2021/11/15
    お値段高めな為まだ3巻迄ですが、静か〜に染み渡る作品です。魅力的な登場人物達に惹き込まれます。作画も下調べと緻密な書き込みに圧倒されます。そして物語は着実に動いて目が離せなくなります。 二ュクスとはいさかいを鎮める女神の事だそうで、冒頭の 大戦末期の空襲の場面とリンクするところがあるのかどうか、ゆっくり読み進めたいと思います。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ