マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

愛と獣-捜査一課の相棒-【SS付き電子限定版】

620pt/682円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

【電子限定版】書き下ろし番外編「刑事の休日」収録。●連続猟奇殺人の被害者は、過去の凶悪事件の犯人!! それでも救わねばならないのか…!? 犯罪への怒りと犯人への共感に揺れる新人刑事の泉(いずみ)。実は過去に無謀な飲酒運転事故で家族を亡くしているのだ。そんな泉を支えるのは相棒の一色(いっしき)──事故現場に居合わせ、泉が刑事になろうと決心したきっかけの男だ。「お前を闇には堕とさない」──頼もしい相棒と刑事の矜持を懸け、サイコパス犯に挑む!! ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 愛と獣-捜査一課の相棒-【SS付き電子限定版】

    620pt/682円(税込)

    【電子限定版】書き下ろし番外編「刑事の休日」収録。●連続猟奇殺人の被害者は、過去の凶悪事件の犯人!! それでも救わねばならないのか…!? 犯罪への怒りと犯人への共感に揺れる新人刑事の泉(いずみ)。実は過去に無謀な飲酒運転事故で家族を亡くしているのだ。そんな泉を支えるのは相棒の一色(いっしき)──事故現場に居合わせ、泉が刑事になろうと決心したきっかけの男だ。「お前を闇には堕とさない」──頼もしい相棒と刑事の矜持を懸け、サイコパス犯に挑む!! ※電子版には、紙版に収録されている挿絵は収録されていません。

レビュー

愛と獣-捜査一課の相棒-【SS付き電子限定版】のレビュー

平均評価:4.3 16件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 犯罪を法で裁く事の限界に苦しむ姿がリアル
    TJKさん 投稿日:2022/8/9
    ものすごく今更な気がしますが、先生は、オヤジキャラを書かせたら右に出る者はいない…くらい、そっち方面で有名な作家さんではないでしょうか。どの作品も面白そうで、セールを機会に何冊も買い込んで読んでいますが、このオヤジキャラ率が他の作家さんと比 較してかなり高い気がしています。元々オヤジキャラは、どちらかと言うと苦手な部類で(35歳くらいまでならいける)そんなに思い入れもなかったのに、何冊も読むうちに段々好きになってきてる自分がいて…新たな扉を開いてしまったようで、楽しく困惑しています。今回は『ブラックジャックの罠』みたいに事件絡みの話で、一冊にまとめられているにしては内容が充実していて読み応えがありました。前半はミステリー風に話が進み、途中、薄ら全体像が見えてくる辺りからサスペンスっぽくなる変則的な展開が面白かったです。犯人が分かっていても逮捕できないもどかしさ、泉の辛い過去との葛藤や苦しみなど、泉を通して「法で裁くことの限界」を考えさせられ、法治国家の歪みを見せつけられた気がしました。そういう巨大な苦悩に押しつぶされそうな泉を力強く逞しい腕で守ろうとする一色がカッコ良かったです。あと個人的に先生のオヤジキャラは、オヤジギャグが少ないのがいいと思います。オヤジのオヤジギャグはどうしても引いてしまいますので もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 面白かったです。
    haruさん 投稿日:2019/8/28
    中原一也先生は、自分的に当たり外れが激しくて、途中で読むの止めたままなのが何冊かあったりするので不安でしたが、本作は面白かった!色々レビューを読んでから買ったため、BLとしてはそれほど期待せず、刑事モノ推理モノとして楽しもうと思ったんですけ ど、そう思って読んだからか、逆にBLとしては満足でき、推理モノとしては物足りなかったという…。BL的には、確かに前半全くと言っていいほどなんもなく、でもさすが文章は上手いし話の展開も早いので止まることなくどんどん読んでくうちに、気付いたらBLに突入してる(ていうかBL全然なかったことにBLし始めてから気付く笑)。お互いノンケだけど、それまでのストーリーがちゃんとあるから違和感ないし、変にウダウダしたりもしないし、良かったです。でも推理小説としては、やっぱりBL小説の域を出ず、残念でした。登場シーンから、こいつが犯人なんだろうなと思ってる人がそのまま犯人という。他はミスリードというには程遠く。元々泉が二人の間で揺れ動くことが作者の意図としてはメインらしいので、犯人探しはオマケ程度なのかも。テーマはブレず矛盾せず、さすがでした。読後の余韻もBLのそれではなく、一般の小説読んだ時の感じで、トータルで☆4.5くらいでした。 もっとみる▼
  • (5.0) 善悪の狭間で葛藤する様がリアルです
    asuntaさん 投稿日:2021/8/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 面白かったです。BL色薄め、クライムサスペンス色が濃くて悪意を持つ人間すらも守らなければならない刑事達の葛藤や悲哀が描かれてて気付いたら一気読みしてました。 法では裁ききれなかった元犯罪者を正義の鉄槌とばかりに殺す連続殺人鬼が現れて、元犯罪者を守りつつ殺人鬼を必死で追う刑事達。事件そのものは凄惨なんですが、元被害者遺族でもある刑事の泉(受)とだらしないけどフェロモン過多な刑事の一色(攻)とのやりとりがクスッと笑えるので重苦しくありません。シリアスとユーモアの塩梅が本当にお上手で、毎度のことながら作者様に惚れ込んでしまいました。 今回「声は愛撫と同じなんだ」っていう一色のセリフに完全ノックアウト。いやー、こんな色気のあるセリフ、中原先生の攻め様だからこそ成立しますね。涎が出ました。Hはラストにちょこっと。泉は素直じゃないし、ふざけた会話が多い2人なので甘々ではありませんが、2人に合っていて良かったですよ。 今回の攻め様も下ネタ好きな色気溢れるおじ様で存分に堪能させて頂きました。ご馳走様でした! 続きを読む▼
  • (5.0) 良かったです!
    みゆうさん 投稿日:2018/3/30
    攻めの一色さんがめちゃくちゃイイ男でした!受けの泉もかっこよかったです。ストーリーもおもしろいし、キュンとくる場面や萌え度も自分的に高かったので、読んで良かったです。泉の葛藤(事件に対する)とかも伝わってきて、頑張れと応援しながら読みました 。攻め受け共に好みのキャラで、良いカップリングでした。描き下ろし?おまけ?のお話も可愛くて楽しかったです。元々好きな作家さんだったので、安心して読めました。 もっとみる▼
  • (5.0) ワイルド刑事攻X熱血刑事受の年の差CP
    プープーさん 投稿日:2019/7/13
    作者は昔の刑事ドラマが好きだったんだろうなと感じさせられる程、脇の先輩刑事達も魅力的です。恋愛の部分はあっさりで、刑事であり被害者遺族である受の正義への葛藤が主。だらしないが野性味溢れる色気を持つ攻がとても大人で、受を広く大きく包んでくれて います。その為読んでいる側はそんなに苦しくなく安心感がありました。後日談のSSも微笑ましい。 もっとみる▼
  • (5.0) 読みごたえ有り!
    ふぁイヤーさん 投稿日:2017/8/9
    凄く良かったです。過去に事件で家族を目の前で失った泉。刑事になりだらしない相棒、一色と事件を追っていきます。この事件というのが、被害者遺族としての泉と刑事としての泉の葛藤を軸として描かれていて、推理小説としても凄く面白いです。その中のしっか りとBL要素も盛り込んであり、読みごたえ有りの1冊です! もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ