電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
私たちはどうかしている(16)
この巻を買う/読む

私たちはどうかしている(16) NEW

通常価格:
420pt/462円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(4.3) 投稿数2,679件
私たちはどうかしている(16巻完結)

出会ったその日にプロポーズしてきたのは…母を15年前の事件の犯人にした幼なじみ――…
過酷な運命…そして次第に惹かれ合う2人。
地獄に落ちる覚悟でここに来たのに…
老舗和菓子屋を舞台に繰り広げられるラブ・ミステリー「私たちはどうかしている」

作品内容

ついに雪解け……すべての覚悟を背負い、七桜と椿は感動の結婚へ……!!

光月庵での修羅場を経て、過去の事実がすべて明らかになったいま、七桜は金沢の文化を牛耳る武六会に女将の処遇を問われる。凄惨な事件を引き起こし、母と自分の運命を翻弄しつづけた女将に対し七桜が下した答えとは――!? 一方、光月庵を出て夕子の店で働いていた椿は、ある決意を胸に秘め……!

シリーズ累計500万部突破。愛と宿命の和菓子サスペンス、ついに感動の最終話!!

初のミニイラストブック付き豪華特装版も同時発売!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全16巻完結

  • 私たちはどうかしている(11)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    共同作業でふたたび熱く燃え上がるかに思えた椿と七桜だが、金沢に戻った二人はそれぞれの宿命を受け入れ、別々の道を歩む。光月庵への反撃を開始する七桜は、意識が戻りつつある大旦那に自分こそが光月庵の正統な後継者だと宣戦布告。18年前、七桜の母に樹をとられた女将は激怒するが、大旦那は先祖の言いつけを破り、椿と七桜に御菓子勝負をさせることに。勝つのは一人。運命の逆転はすぐそこに!?
  • 私たちはどうかしている(12)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    除夜際での七桜と椿の勝負に決着がつき、ついに光月庵の後継者が決まった。だがその直後、大旦那は倒れて病院に運ばれてしまう。新旧の交代が行われ不安に感じる従業員ら。さらに新当主は金沢の文化をけん引する武六会にその実力を試されることになる。そんな中、一層強く七桜に惹かれる多喜川は徐々に自分の気持ちを抑えられなくなるが、かつての恋人・由香莉が現れて不穏なムードに。ある重大な真実を知った椿も動き出し事態は急変!?
  • 私たちはどうかしている(13)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    新当主となり不安を抱える七桜の光月庵に椿が戻ってきた。プライドを捨て職人として光月庵で働きたいと言う椿に誰もが驚き訝しむなか、七桜自身も椿の魂胆がわからず混乱する。だが手を負傷している七桜は店のために椿を雇うことを決意。一方、椿が自分の異母兄弟だと知らされて胸の内に憎しみの芽が生まれた多喜川は、ライバル心から七桜との結婚を押し進めようと急ぐ。光月庵に乗り込んだ椿は、自らの記憶をたどり18年前の真犯人を突き止めるために動き出すが!?

    番外編「城島の決意」を特別収録!
  • 私たちはどうかしている(14)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    テレビドラマで大人気の原作『私たちはどうかしている』14巻!

    光月庵に戻ってきた椿の手を借りて、武六会の奉納菓子作りに専念する七桜だったが、多喜川の七桜への気持ちが本物だと知り頭に血が上った由香莉に、階段から突き落とされてしまう。もっとも信頼していた多喜川の裏切りに呆然する七桜。多喜川は18年前のことを語り出すが……!

    安藤先生突撃! ドラマ撮影現場レポ漫画「キャスト編」収録
  • 私たちはどうかしている(15) 電子限定特典カラーイラスト付き
    登録して購入
    通常価格:
    460pt/506円(税込)
    正真正銘クライマックス!!

    女将の過去を聞いた七桜と椿は、事件の真相を探るために母の手紙を検め、山奥にひっそりと住んでいた多喜川の父・秀幸と会うことに。死んだと思っていた秀幸の口から語られる母の秘密に驚愕する二人。真犯人はまさか…!? 一方、何かを察知した女将は栞が持っている「あるもの」を手に入れて七桜のもとへ向かう。七桜のことを想い続ける多喜川もまた光月庵を訪ねて……!! 

    本編(あとがき含む)200超の大増ページ!
  • 私たちはどうかしている(16)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    ついに雪解け……すべての覚悟を背負い、七桜と椿は感動の結婚へ……!!

    光月庵での修羅場を経て、過去の事実がすべて明らかになったいま、七桜は金沢の文化を牛耳る武六会に女将の処遇を問われる。凄惨な事件を引き起こし、母と自分の運命を翻弄しつづけた女将に対し七桜が下した答えとは――!? 一方、光月庵を出て夕子の店で働いていた椿は、ある決意を胸に秘め……!

    シリーズ累計500万部突破。愛と宿命の和菓子サスペンス、ついに感動の最終話!!

    初のミニイラストブック付き豪華特装版も同時発売!

レビュー

私たちはどうかしているのレビュー

最新のレビュー

  • (5.0) 表紙
    かたこりさん 投稿日:2021/9/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 表紙からしてネタバレの16巻。椿くんの表情が今までとだいぶちがう。でも、それまでがあったからこそですね、なんだかんだで、引き込まれました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) おもしろいよ?
    ムギさん 投稿日:2020/5/4
    いいね数が多いレビューは星が厳しいのか…。私は購入するかどうかの結構な参考にする方なので残念です。憎むべき相手を好きになってしまうなんてのはある意味物語の王道。漫画にリアルを求めすぎるのもどうなのと思うし、そもそもタイトルが「どうかしている 」 そんなにあり得ないとか怒らなくてもいいのに…(小声)お話としてはおもしろいと思います。合わずに断念することはあるだろうけど、ストーリーに関しては今分かってることが全てではないはず。 椿を憎い気持ちはあるけど、一方で幼い頃の淡い恋心や幸せだった記憶もある。復讐のためとはいえ、そばにいることで思いもよらなかった椿の孤独を知り、そんな相手からの不器用だけど深い愛情を受け入れてあげたい、葛藤はあるけどどうしても惹かれてしまう、まさに自分はどうかしていると思いながらも気持ちを止められないという七桜の心情は理解できなくない。椿が七桜に惹かれていく過程も丁寧に描かれているし、いろいろな細かい設定等、本当によく作り込まれていて作者さんの本気を感じます。まぁ途中七桜の行動になんでそうなるのと思うところもあるけど、それは物語の展開上必要なものと受け止めつつ… 事件の真相や切ない恋愛模様等、今後の展開がとても気になる作品です。ただ、いろいろと椿が可哀想すぎるので、絶対に幸せにしてあげてー!! もっとみる▼
  • (5.0) どっぷりはまります
    ルーさん 投稿日:2020/10/13
    話に引き込まれてしまって、ハラハラしたり腹が立ったりドキドキしたりで読んでて落ち着かないですw 椿のお母さんが漫画にはお決まりの悪女すぎて、悪い意味で心をかきみだされるんですが、一巻読むごとに、これは撮影で、終わったら「今日もいじわるなセ リフで怖かったよね、ごめんね」とか言ってる姿を勝手に想像して落ち着かせてますw まだ途中までしか読んでないし、完結されてないのでこの先それで対応できるか不安ですが、最終的にはいろんな意味でスッキリ終われるように願ってます。 この作品に限らず、好きな漫画のドラマ化されたものは見ないのでどうなってるのかわかりませんが、人気が出るのも頷けるほど面白いです。 誰が好きとか、カッコいい可愛いとかの恋愛漫画とは違う、人間ドラマ的な面白さではまってます。 こういう面白さがある作品は、主人公2人が最終的にくっつくとかの王道な最終回もいいですが、それは二の次でただ単純にスッキリ終わってほしいですね。スカッと…。漫画的にはいい意味でストレスたまりまくりな作品なのでw もっとみる▼
  • (5.0) 続きが気になってしょうがない!!
    Lunaさん 投稿日:2020/7/8
    ストーリー展開が早く、サスペンス要素もあるので、先が気になってどんどん続きが読みたくなる作品です。人間関係が複雑でドロドロとした愛憎劇が描かれていますが、読んでいてそこまで嫌な気分にならないのは、主人公の真っ直ぐで凛とした姿が爽快だからだと 思います。また、キュンキュンどころをおさえた恋愛模様もしっかり描かれているので、読んでいて飽きることはありません 舞台が和菓子屋なので、和菓子についても知識が深められ、食べたくなるような綺麗で繊細な御菓子たちが描かれているのも魅力的です そして、今夏からドラマ化されますが、ドラマの配役がそれぞれのキャラにハマりすぎていて、観るのがとても楽しみです ありきたりな恋愛モノに物足りなさを感じている方には、この作品のハラハラドキドキ感はオススメですよ もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
同時期放映メディア化作品
▲ページTOPへ