マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ少年マンガ小学館裏少年サンデー裏少年サンデーコミックス青のオーケストラ青のオーケストラ 11【シーモア限定描き下ろし特典付き】
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
青のオーケストラ 11【シーモア限定描き下ろし特典付き】
少年マンガ
青のオーケストラ 11【シーモア限定描き下ろし特典付き】
11巻配信中

青のオーケストラ 11【シーモア限定描き下ろし特典付き】

630pt/693円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

音楽に情熱を注ぐ若者たちの青春群像劇が、2023年ついにアニメ化!
演奏することを辞めた元天才ヴァイオリニスト・青野が出会った高校のオーケストラ部の世界。
個性豊かな仲間たちが情熱を音楽にのせて織りなす、青春のアンサンブルドラマは必見です!

作品内容

【コミックシーモア限定の描き下ろし特典付き】

トップレベルの環境で新たな挑戦が始まる。

全国一位のヴァイオリニストや
音大付属高校の生徒たちとの合同練習が始まった。

一切の妥協を許さない新たな指導者との練習で、
まだ見ぬ感情や欲望と青野たちは向き合っていく…

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  11巻まで配信中!

レビュー

青のオーケストラのレビュー

平均評価:4.6 505件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ザ青春
    天使さん 投稿日:2024/6/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 主人公がもう一度夢を叶えていく姿が応援したくなります。両親の関係のせいで、苦悩が絶えない主人公を不憫に思う一方で、あの父親がいたから、主人公の才能が開花したのかと思うと、納得せざるを得ないかな。色んな音楽家の曲に触れることができるのも素敵な一面です。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 活動自粛中の吹奏楽部員の子へエールとして
    るるるさん 投稿日:2020/6/12
    コロナで活動自粛になった吹奏楽部員でありオケ休団中の、受験学年の子どもにエールを送れるようなマンガを探していたところ、このマンガにたどり着きました。 お試しで読み始めたところ、まるで音楽が聴こえてくるよう!いろいろな音楽マンガがあると思い ますが、皆で一つの音楽をつくりあげる過程や、それぞれの登場人物の青春期ならではの心の動きなど、入念な取材をされていることが伺えます。音楽好きの方も、そうでない方にも、いろんな立ち位置・角度から楽しめ、スポーツもののマンガ以上に、それぞれの登場人物へ感情移入しやすいと思います。 早速クラシックや吹奏楽好きの友人にも勧め、シーモアで読み漁った上に、コミックを全巻揃えるべく発注!コーヒーを片手に、作中に登場する音楽を聴きながら、マンガを読む。。。最高に贅沢なひとときになりそー!と妄想しながら、最新巻を楽しみにしています。 追記:夏期講習終了後子どもに勧めたところ、ハマりました!受験期の今のタイミングでこのマンガに出会えたことで、これからの目標や入学後の学校生活をより身近にイメージできたのか、勉強への取り組みも変わり、得たものは大きかったようです。良書との出会いに感謝 もっとみる▼
  • (5.0) 少年漫画の部活ものとしては異色
    あんさん 投稿日:2020/9/12
    バナー広告がいたるところに出てるので、タイトルだけは知ってました。金色のコルダ4というゲームが好きなわたしは音楽部が舞台なので見かけるたびに気になっていたのですが、少年漫画かあ、と敷居が高かったんですよ…でも無料版を読んでみてやっぱり思った 通りに面白かった。楽器の知識がなくても楽しめるようにちゃんと作りこまれてるし絵も安定してるので、オーケストラという設定上、どうしても登場するのが大人数だけど見分けがつくので読みやすいデス。もちろん楽器の知識があるほうが楽しめるのはもちろんなので、気になったら作中で演奏される曲だけでも動画配信サイトなんかで聴いてみるのもいいかも。わたしがもう一つ気にいってる点はカバーイラストが毎回別な人物だということ。どんな漫画でもいつも代わり映えしないキャラがカバーだと読む気がしなくなるんですよね。特にこの作品は群像劇なのでなおのことです。恋愛については組み合わせは序盤から確定してるけど、脇を固めるキャラたちにもちゃんとドラマがあって読んでて楽しいデス。わたしはハルちゃんが好きなので、いい形で失恋してほしいな。 もっとみる▼
  • (5.0) コンクール総ナメのソリストが
    ちるちさん 投稿日:2020/1/8
    しかも小さなころから一級プロの父親に教えられて来た人が、金賞常連校の幕張総合(漫画では違う名前)のオケ部とはいえ、3年生にかなわないなんてことあるんだろうか? という疑問はあるw(まあ、絶対ありえません。しかも読んだ感じ、3年生にコンクール 経験者はいなさそう)。確かに「ソロ」と「オケ」は違うんだけど、それでも登場人物の感覚が「昔から習っていた普通に上手な子」という感じでちょっと違和感はある。担当編集さんが幕張総合オケ部出身ということで、「うちは凄いんだからコンクール優勝者にだって負けるはずない!」という私情というか負けん気を感じてしまうw コンクール総ナメ設定との相性の悪さは若干気になるものの、音楽物・部活物の漫画としてすごく面白いしよく出来てる。漫画家さんは音楽経験者ではなさそうだけど、それなりにちゃんと「音」を感じる漫画に仕上がっていて凄い。6巻まで読んだけど、パパさんはまだ出てこないのかな? もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

心に響く音色
編集:アロマオイル(シーモアスタッフ)
主人公・青野一のヴァイオリンに対する好意と葛藤に胸がいっぱいになりました。秋音律子との出会いで話が大きく動いていく展開も気になりますし、キラキラとした青春が詰まった作品で、読んでいて爽やかな気分になります。阿久井真先生のきれいで繊細な作画が、この作品をより一層引き立てます。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「青のオーケストラ」

【声の出演】

青野一:千葉翔也 / 秋音律子:加隈亜衣 / 佐伯直:土屋神葉 / 小桜ハル:佐藤未奈子 / 山田一郎:古川慎 / 立花静:Lynn / 羽鳥葉:浅沼晋太郎 / 原田蒼:榎木淳弥 / 青野龍仁:置鮎龍太郎

【あらすじ】

バイオリニストの父の影響で中1まではコンクールで活躍していた青野一(あおの・はじめ)。父親が家を出たことでバイオリンから離れ、無気力になってしまう。しかし、中3の秋に秋音律子(あきね・りつこ)と出会い、初心者の彼女にバイオリンを教えることで再び音楽と向き合っていく。音楽の楽しさを再確認した青野は、秋音とともに強豪オーケストラ部のある海幕(うみまく)高校に入学。ライバルや仲間たちと切磋琢磨し、自分自身や過去と対峙し才能に磨きをかけていく。青野だけでなく、家族や才能をめぐるさまざまな悩みを抱える部員たち。それぞれに乗り越えながら、定期演奏会に向けて自分たちの演奏をともに作り上げていく。音楽で心を通わせていく、青春群像劇。

【制作会社】

日本アニメーション

【スタッフ情報】

原作:阿久井真(「裏サンデー」「マンガワン」小学館刊)

監督:岸誠二

制作統括:坂田淳 / シリーズ構成・脚本:柿原優子 / キャラクターデザイン:森田和明

【関連リンク】

公式サイト「青のオーケストラ」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ