漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
BLコミック
キミに言えないことがある
この巻を買う/読む

キミに言えないことがある

通常価格:
750pt/750円(税抜)
(4.7) 投稿数28件
キミに言えないことがある(1巻完結)
作品内容

「    」そのたった3文字が、言えなくて……。しっかり者の恭介×おっとりした佳純。二人は表向きは”幼馴染み”。だけど、決して口にしてはいけない胸に秘めた想いがあって……。もふもふ枝子が描く、ドラマチックで切ないBL――!読み応え抜群のまるごと1冊表題作です☆

作品ラインナップ  全1巻完結
レビュー
キミに言えないことがあるのレビュー

平均評価:4.7 28件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 泣き顔がいい
    スモモさん 投稿日:2019/5/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 恭介の泣き顔がいいです。かっこいい。 両方とも一途なすれ違いの片思いで、交わった!と思ったら立体交差だったとか...出来レースのくだりも含め、どんだけモヤモヤさせんねん!とつっこみましたが、恭介の泣き顔で全部チャラです。かっこいい。 服脱いで...のくだりもさり気によかったです。 続きを読む▼
高評価レビュー
  • (5.0) 泣いてもいいですか?
    savvaさん 投稿日:2019/5/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 お互いの幸せを思うあまりすれ違う恭介と佳純。普通の結婚をするのが幸せなのか、自分の気持ちを伝えるのか間違いなのか?何が正解で何が不正解なのか。考えれば考える程、深みにはまり抜け出せない恭介に上司の一言「道は拓ける。心に素直に生きればいい」 二人で生きていくことが幸せなんだと気付いた恭介が佳純を追う。お互いの存在が幸せになれるアイテムなんだと、かけがえのない存在なのだと。 自分を否定せず受け入れてくれた恭介に心を開いた佳純。そこには人並みな幸せがあった。 こんなにも心を震わせた作品は今までになかった。 ストーリーも然り、描写、コマ割り、セリフ、何もかもが心に残る、秀逸作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) 涙が…
    まりさん 投稿日:2019/5/22
    【このレビューはネタバレを含みます】 お互いに好きなのに、お互いを思うから気持ちがすれ違ってしまって…小学校からの二人の関係も気持ちも丁寧に描いてあって、恭介が佳純に気持ち伝えに行ったとこ良かった!泣けました。気持ちが通じるまでに時間はかかったけど必要な時間だったんだなって。書き下ろしのラブラブな感じも良かった〜寝起きの佳純、美味しいもの食べてる佳純、可愛いです。恭介の上司も良い人でした。 続きを読む▼
  • (5.0) 個人的に神作品です
    モンブランさん 投稿日:2019/5/22
    配信を待ちきれず発売日に紙でも購入済み。個人的に今1番推しの作家さんで応援しています。色々な作品を読んできましたが、心底感動した!というものはさほど多くない中、この作品はその1つです。スッキリした大きめのコマ割りに綺麗な絵と文字数のバランス が良く、必要なことだけが丁寧に描かれているので、とても読みやすいです。攻め受けのビジュアルもそれぞれのキャラがよく出ています。表情の描き分けが上手いのでそこからも心情を読み取りやすいです。お互いを思う気持ちと幸せを願う気持ちが強過ぎるがゆえに切ないスレ違いが続きますので、CP成立した時にはバンザイしながら小躍りしたいくらいの気持ちになりました。作品購入時、気にされる方が多いと思われるエロですが、とても良かったです。本当に必要な分だけしか描かれていない分、お互いに気持ちが溢れてそこに至った感が強くものすごくキュンときました。お互いに対する唯一感、生きてきた時間の半分以上を費やした長い両片思いが実る感動を味わいたい方は是非!もふもふさんお見事でした、今後も期待しています。あっ、番外の短編でも良いので2人の甘々幸せな同棲編とか読みたいです。いまだかつてない程レビューに力が入りましたが、読むにあたり大きなネタバレはしていないつもりなのでこのままにさせて頂きます。 もっとみる▼
  • (5.0) 素晴らしかった!
    みっさーさん 投稿日:2019/5/21
    初めての作者さんでしたが、いや〜、素晴らしかったです!!同性愛の葛藤とか、相手を思う気持ちとそれ故のすれ違いとか、働くことと、失敗することから学ぶこととか、なんかとても大事なことが本当に上手く1つのストーリーになってました。名作を読んだ!っ ていう感じ!!絵も綺麗で好きです!他の作品も読んでみたくなりました☆ もっとみる▼
  • (5.0) 泣ける!心理描写に引き込まれた!
    バーバパパさん 投稿日:2019/5/21
    【このレビューはネタバレを含みます】 幼なじみから今までの二人の経過や心理が細かく、しかも分かりやすく描写されてて、とても読みごたえありました。恭介は一見、陽キャで上手く立ち回ってる様に見えるけど、本当は自信のない小心者。なかなかの拗らせ具合だけど、人とのコミュニケーション能力が上手いせいか、まったくそう見えないギャップが、実はリアルで面白かった!「俺がお前を不幸にしたい」このセリフは萌えましたね〜そこまで言って腹くくったと思いきや、まだ燻ってうだうだしているし…子供の頃からの"正しい"の呪縛はそう簡単には解けないのか…そんな恭介のそばで佳純、頑張ったな〜と泣けてきます。大好きな人に自分の気持ちを否定される辛さ…辛すぎる!二人の気持ちが凄く伝わってくるお話でした!初めて読む作家さんだったのですが、読んで良かった! 続きを読む▼
▲ページTOPへ