We Love コミック!
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む
会員登録して70%OFFで購入

放蕩息子と恋の穴【SS付き電子限定版】

値下げ【期間限定】7/7まで
通常価格:
680pt/748円(税込)
価格:
476pt/523円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.7) 投稿数314件
放蕩息子と恋の穴(1巻配信中)

作品内容

【電子限定版】描き下ろし番外編「放蕩息子と秋の夜長と友情と」収録。●女癖が悪すぎて、超ド田舎の高校に強制転校!! 伯母の家に居候することになった蒼佑。けれど、そこには初恋のイトコ・みのりちゃんがいるv と内心わくわくでロックオン!! ところが11年ぶりに再会したのは、「穣」と名乗るイケメン男子。しかも転校先の教師だった──!! 「俺の青春はここで終わった」と思っていた矢先、蒼佑は後ろをイジる穣のひとりHを目撃して…!?

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  1巻まで配信中!

  • 放蕩息子と恋の穴【SS付き電子限定版】
    登録して購入
    値下げ【期間限定】7/7まで
    通常価格:
    680pt/748円(税込)
    価格:
    476pt/523円(税込)
    【電子限定版】描き下ろし番外編「放蕩息子と秋の夜長と友情と」収録。●女癖が悪すぎて、超ド田舎の高校に強制転校!! 伯母の家に居候することになった蒼佑。けれど、そこには初恋のイトコ・みのりちゃんがいるv と内心わくわくでロックオン!! ところが11年ぶりに再会したのは、「穣」と名乗るイケメン男子。しかも転校先の教師だった──!! 「俺の青春はここで終わった」と思っていた矢先、蒼佑は後ろをイジる穣のひとりHを目撃して…!?

レビュー

放蕩息子と恋の穴のレビュー

平均評価:4.7 314件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ほー
    ぼぴーさん 投稿日:2022/6/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 読み終わってなんだか、ほー、、映画をみていたかのようなボリュームと充実感。起承転結が素晴らしすぎました。ここまできれいなストーリーと作画、感動です。最初から最後までとおして良かった。蒼祐の真っ直ぐなところが爽快で、写真を常にもってるところとか、かわいくて笑えました。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) これ好きー!
    みみさん 投稿日:2021/3/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 以前から読んでみたいなと思っていた作品。 フォローしている方が読まれていて、私も流れに乗ってこの機会に読んでみました。 表題作のみ、293ページ。 ページ数多くて読みごたえたっぷり! 値下げで598円になっていてお得でした。 女グセの悪いDK蒼佑が田舎のおばの家に居候するところから始まるお話。 蒼佑といとこの穣の11年ぶりの再会物語です。 表紙とタイトルのイメージから軽い感じのストーリーを想像していましたが、心理描写が丁寧で心を鷲掴みにされました。 傷付いた過去がある穣の想いや葛藤が切なくて… 狭い田舎だからこそ余計に生きづらさもあるんだろうなぁと思いました。 蒼佑がすごく明るくて素直で真っ直ぐで、相手を想って立ち止まることはあっても、挫けない強さを持っているところがとても良かったです。 そんな蒼佑だからこそ穣も一歩踏み出せたんだろうな。 前向きな攻めが傷付いた受けを救い上げるお話が大好きなので、もう胸がギュンギュンしました。 誠の登場で一波乱ある!?かと思いましたが、誠の活躍ぶりがこれまた良くて惚れちゃいます。 哲朗の愛がある反応ももらい泣きしちゃったし、切なさもあるけど温かいお話で大好きな作品になりました。 蒼佑のちょっとおバカで屈託のない性格がストーリーに明るさを添えていて、コミカルさとシリアスのバランスがとても良いです。 焦ったときに出る英語も面白かった。 2人の初めてがそこなのー!?と、そこだけちょっとえぇーとなりましたが、これまで周りの目を気にしてきた穣が吹っ切れたことの表れなのかなと思えばまぁ納得できなくもない…と思ったり思わなかったり?笑 続きを読む▼
  • (5.0) 期待以上!特大ボリューム293ページ!
    ダダさん 投稿日:2021/6/27
    作者さんの新刊「羊の皮〜」で初めて読ませて頂いた作家さんで、新刊発売を機に既刊がセールになっていたので購入しました。正直なところ表紙だけ見ると、自分では手に取らなかったと思います。でも新刊が良かったので覗いてみたら、フォロー様方も高レビュー されていたので期待して読みました。そうしたらもう期待値をずっっと上回る作品でビックリ!なんで今まで読んでなかったんだろう!すんごい良かった! 本作品は、女癖の悪さを正すため田舎の親戚の家で過ごすことになった高校生の蒼佑×従兄弟のみのりのお話で、全7話+描き下ろしで特大ボリューム293ページ。幼い頃に好きになった従兄弟のみのりちゃんが、実は男だったことを知って…という始まりです。性別に拘わらず「みのりちゃんだから好き」という真っ直ぐな蒼佑の想いに揺らぎながら、最後はハピエンという、まぁ展開としては王道に近いのかなと思うんですが、登場人物の心情が本当に丁寧に描かれてるんです。登場人物と一緒になってウキウキしたり、キュンとしたり、切なくなったり後悔したり。気分が上がったり下がったりするその振り幅が凄くて、とてもお話に惹き込まれました。そして登場する全てのキャラが良い!蒼佑が真っ直ぐで正直で、一見すると押してばかりの自己中DKかと思いきや、ちゃんと人の気持ちに寄り添える人で、まだ若い高校生ですが今後がとても楽しみなキャラでした。あと他の方も書かれてますが、みのりの友人・哲朗も良かった。描き下ろしでちょっとじんわりしちゃいました。ベースはラブコメですが、楽しく読める部分と切なくなったりキュンとしたりする部分のバランスがとても良かったと思います。 もっとみる▼
  • (5.0) 紙派の方は電子で読むべき作品
    しろくろうさぎさん 投稿日:2021/10/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 まず、虫の大きさで田舎度を示すセンスが素晴らしい。 画力、ストーリー、緩急の付け方、繊細な心理描写、ギャグの落としどころ 300頁近い長編でも飽きさせない技術。 本当に才能の有る先生ですね。 羊の皮でも感心しましたが、九ご先生(すみません漢字変換出来ません)BLじゃなくても活躍出来る腕前を御持ちだと思います。 本当に有難い。 女癖の悪さで田舎に転校させられた主人公 蒼佑は 11年ずっと初恋相手だった穣ちゃんに再会するはずが、まさかの男だった… で始まりますが最初は落ち込み沈む蒼佑が 穣さんの魅力に気付き「この人はこんなに綺麗に笑うのに」で完落ちた瞬間が上手い。 好き。 もう性別を越えて人間性に惚れたって事ですね。 からの、マスターベーションはおったまげましたよ。 きゃー(喜)目に刺激がぁ! ほんと鍵閉めとかないと、いけんいけんですよ! 方言も良かったなぁ(嬉) 蒼佑は素直だから物事の吸収も早いし、隠さない。そんな純な気持ちに当てられて穣さんの心が少しずつ動いていく。 彼らの問題は解決していないし、多分山も谷も有るだろうけど、2人なら乗り越えられる。そんなハッピーエンドでした。 最初の身体の結び場所は、そこ!?って他のレビュー様に同感。個室だったよね…ドキドキ 個人的な事情で恐縮ですが、ずっと液晶を見ていると瞼が痙攣してしまうので、基本的には紙派ですが、この作品に関しては電子で読むべきです。 なんと9ページもあります。 電子特典を読んで更に魅力が増した! 素敵な親友ですね。 続きを読む▼
  • (5.0) 作品の脇役がキーパーソン
    vamさん 投稿日:2021/1/16
    タイトルや表紙からすると、ラブコメのように思えましたが、ところがどっこい奥深い作品で、よかったです。 恋に奔放な蒼佑ですが、初恋はいとこの『みのりちゃん』。でも再会したみのりちゃんは、男だった。 一時はがっかりしたものの、初恋には間違い はなく、みのりの性癖を知る事となり、蒼佑パニック。 徐々に膨らむ恋心と反するように、みのりの態度に変化が現れ… 頑ななみのりにまっすぐ、ぶつける蒼佑の思い。高校生ながら、蒼佑の方がどっしりと構えているし、ぶれない強さがあってカッコいいんです。覚悟が備わっているみたいに、ほんとにぶれない。子供の時の告白で、みのりに諭された後の反論のように、自分の信じる道を突き進む、そのまま成長したようですねぇ。みのりが受け入れられないワケには、学生の頃の辛い過去があり、トラウマが邪魔をする。でも、それさえも打ち砕く蒼佑の強さが、素敵です。彼等の背中を押したのは、みのりの弟、誠くん。兄の性癖と苦しみを知る唯一の理解者。この誠くんの言葉が重くて深いんですよね。さながら、蒼佑が惑うみのりを上から引き上げるなら、誠は下から押し上げる支えとなる感じかな。素敵な兄弟愛です。 『放浪犬と迷い猫」でも、当て馬的な南室くんが、ナイスアシストでした。先生の脇役さんは、主人公らのグジグジした悩みをサポートするいい役割で、いい人です。南室くんも誠くんも、清々しくて好き。まぁ、何はともあれ、人目を気にせず自分らしく生きて欲しいと願います。おめでとぉ〜。 もっとみる▼
  • (5.0) 良い作品。本当に良質な作品です。
    りんさん 投稿日:2021/7/16
    【このレビューはネタバレを含みます】 ヒューマンドラマを見ているような、そんな読み応えがありました。200ページ超えとボリュームも満点。絵も丁寧で綺麗。田舎の家の細かい描写は、素直に感心しました。内縁側にある仏壇とか、商工会議所のメモ用紙(笑)とか。そして、やたらデカイ昆虫…。リアルに祖父母の家を思い出しました。 「田舎」の描写が丁寧であるが故に、穣さんが感じている息苦しさもひしひしと伝わってきました。 穣さんの弟 誠さんの指摘は至極まっとうなもので、ホントにその通りではあるのですが、蒼佑、まだ若いし。都会で生きてきたし。想像力が働かなくても致し方かなかったかな…。落ちる蒼佑を見るのがしのびなかったです。いや、誠さんはめっちゃよい男でした。イケメンで、イケメンで、イケメンでした! 誠さんには厳しい指摘をされましたが、でも、蒼佑良い子でした。明るいし、素直だし、元気で、前向き。調子にも乗りますが、反省もする。何よりあきらめない強い心が魅力的で。ずっと蒼佑を応援しながら読んでました(^^) テンション低めで、周囲に笑顔と言う壁を作って張り詰めて生きてる穣さんには、蒼佑の大らかさはぴったりな気がします。上手くまとまって良かったなぁと。心がほんわかあったかくなるような読後感でした(^^) 最後、穣さんの親友の涙には、じ〜んときました。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
スタッフオススメ!
  • 方言短髪いとこ受け
    女癖の悪さからド田舎高校に転校させられた蒼佑が再会した初恋のいとこ・みのりは、実は男だった!蒼佑はチャラそうに見えて実は裏表なく一途ないい男で、女癖悪かったと思えないほど自制心があるんです。九號先生の描く二人の身体はがっしりしていて色気たっぷりですが、しっかりしたストーリーも見どころです!
    編集:あずき

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ