マンガ愛、溢れてます。
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
この巻を買う/読む

なれの果ての僕ら(8)

通常価格:
510pt/561円(税込)

会員登録限定70%OFFクーポンでお得に読める!

(4.1) 投稿数53件
なれの果ての僕ら(8巻完結)

作品内容

『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。

少年少女を巻き込んだ52時間の監禁劇は、一発の銃弾を最後に、その幕を閉じた。──それから2年後。彼等は再び出会う。そして、何もかも失ったあの場所で、多くの犠牲と数え切れぬ罪を前に、一つの“誓い”を立てる。もう二度と何者にも流されぬように。再び、前を向いて生きていくために──。
現代の生き方を巡る禁断サスペンス、ついに完結──。

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全8巻完結

  • なれの果ての僕ら(1)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。


    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと。たった52時間の監禁劇は、薄皮を剥ぐように、人間の本性を暴いていった。疑惑、欲望、暴露、復讐、そして裏切り。正義と道徳を問う、禁断のサスペンス。
  • なれの果ての僕ら(2)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。


    26人の高校生と1人の教師が監禁された。犯人・夢崎みきおによる“実験”が、人間の弱さと醜さを浮き彫りにし、命を奪う。──そして起こってしまった、仲間殺し。異常な状況に追い込まれた少年たちは、自らの手で罪を裁くことを決意する。それが、何を引き起こすのかも考えないまま。覚悟と責任を問う、戦慄のサスペンス。
  • なれの果ての僕ら(3)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。


    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと。たった52時間の監禁劇は、薄皮を剥ぐように、人間の本性を暴いていった。疑惑、欲望、暴露、復讐、そして裏切り。正義と道徳を問う、禁断のサスペンス。
  • なれの果ての僕ら(4)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。


    ヒトの本性をさらけ出す、おぞましい監禁劇。実験を経て、「最も不要な人間」に選ばれた罪人は、無数の傷を負いながら、激しい憎悪に突き動かされる。すべての人間を巻き込んだ凶行の果て、夢崎みきおの真の目的が語られるとき、善性を問う最大の実験が幕を開ける。“君は僕を殺せるか?”
  • なれの果ての僕ら(5)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。

    3日間の監禁劇は多くの死者を出しながら、ふたたびの夜を迎えた。“最後の実験”の内容は、“王様”を決めること。メンバー全員を屈服させ、服従させるための、陰湿な装置が与えられた時、その男の“善”は砕けた。絶対的な権力は、持ち主の心をこそ蝕む。いつだって、堕落には蜜の味がつきものだから──
  • なれの果ての僕ら(6)
    登録して購入
    通常価格:
    420pt/462円(税込)
    『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。

    52時間の監禁劇は、2日目の夜、ついに10人目の犠牲者を出す。権力のため、復讐のため、現れる新たな支配者たち。思惑が入り乱れ、分断される子供たち。3つの悲劇が同時に進行する中、少年の“善”は裏返る──。“お前らを逃がさない”事件が、真の姿を見せた──。
  • なれの果ての僕ら(7)
    登録して購入
    通常価格:
    450pt/495円(税込)
    『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。

    3日間の監禁劇は、ついに最後の朝を迎えた。生き残った少年少女たちの中に、なおも潜む、姿なき“殺人鬼”──。真実を引きずり出し、その“悪”を裁くまで、仲間同士の疑心暗鬼は終わらない。銃を突きつけ、死をちらつかせ、あらゆる恐怖を利用して、罪を暴こう。終わらせるために、あとどれだけの血が必要だ?
  • なれの果ての僕ら(8)
    登録して購入
    通常価格:
    510pt/561円(税込)
    『骨が腐るまで』内海八重の最新禁断サスペンス!
    同窓会のために母校に集まった四ノ塚小学校元6年2組の27人は、そのまま監禁された。首謀者の名は、夢崎みきお。目的は「極限状態での善性を試す」こと…。偽りの同窓会で行われる、“善悪”を暴く背徳の実験。

    少年少女を巻き込んだ52時間の監禁劇は、一発の銃弾を最後に、その幕を閉じた。──それから2年後。彼等は再び出会う。そして、何もかも失ったあの場所で、多くの犠牲と数え切れぬ罪を前に、一つの“誓い”を立てる。もう二度と何者にも流されぬように。再び、前を向いて生きていくために──。
    現代の生き方を巡る禁断サスペンス、ついに完結──。

レビュー

なれの果ての僕らのレビュー

平均評価:4.1 53件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 男はつらいよ女もつらいよ
    ごんさん 投稿日:2022/9/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 ずっと前に読んだんですが、いまだに先生の最後の告白が忘れられないです。他のキャラのことはだいぶ忘れました。私の母は小学校の教員でしたが、話を聞くたびに学校の先生にだけはなりたくないと思ってました。いろいろ原因はあると思いますがストレスで片耳が全く聞こえなくなって結局40歳くらいで辞めました。教師はつらいよ。最後まで読んでなんだかやるせない気持ちになりましたね。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 引き込む力がすごい。
    お茶っこさん 投稿日:2021/9/14
    ちょうど2巻無料だったので、試し読み程度で読み始めたはずなのに…気付けばあっという間に最終巻まで購入してました。人間のありとあらゆる感情を、これでもか!と言うほどぶつけ合わせて、かき乱して、潰し、潰され、ラストまでずっとハラハラが止まりませ んでした。犯行の動機や死者が出たりする所は全然違いますが、3年A組のドラマさながらの緊張感があります。ドラマは半グレなど絡んでいましたが、こちらはイカれた主要人物がキッカケを作って人間心理のみでここまでやってます。ヤバいです。8巻という量が、内容も中弛みせず一気読みするのにぴったりでした。 もっとみる▼
  • (5.0) みきお君
    あんなさん 投稿日:2022/7/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 ところどころで語られる、みきお君の考え方が同意できることばかりでした。みきお君なら、長いモノに巻かれていたいだけじゃ?と指摘されてしまいそうですが笑 みきお君の姿や仕草、強くて柔軟な思考力、ケンカも強く武器も使える、と。暴力性と向き合い、だれよりも善意を無くしたくないみきお君が退場した時寂しかったです。みきお君には強さをもらえるので何度も読んでいます。 願わくば、また次回作を読みたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 人間不信
    takさん 投稿日:2021/12/31
    楽しいはずの4年ぶり同窓会。そこに当時の闇を懺悔させ、本性をむき出しにした上で人間性を問いたいと企てた人がいて、それが主催者だったらどうなるだろう。非日常的なテーマではあるが、人の闇や恨み、妬みは時間が経っても緩むだけで、ひょんな事から蘇っ てしまうのかも、自分でも制御できない程に。途中から何が正しくて何が間違ているのかわからなくなって怖い話だとも思いました。 もっとみる▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     
  •  
    Loading

     

     
     

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ