漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!
TOP
無料会員登録で、半額クーポンプレゼント中!!
課長 島耕作(17)
この巻を買う/読む

課長 島耕作(17)

通常価格:
600pt/660円(税込)

会員登録限定50%OFFクーポンで半額で読める!

(3.9) 投稿数54件
課長 島耕作(17巻完結)

作品内容

木野会長と大泉社長は、島耕作の上司である中沢部長を次期社長に指名した。突然のことに固辞する中沢。だが島は、唯一尊敬できる上司の中沢が社長になることを望み、説得する。2人で飲み明かす内、中沢は引き受ける決心をした。新社長誕生の報に財界が騒然とする中、島の恋人・大町久美子に見合い話が。久美子の母・愛子は、島を罠にはめ、娘との仲を裂こうとする。そこで久美子選んだ決断は!?サラリーマンのビジネス・バイブル、堂々の完結巻!

詳細  
簡単
昇順|降順

作品ラインナップ  全17巻完結

  • 課長 島耕作(11)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    フィリピンでの島の隣人、松原という日本人商社マンの現地妻を見て、島は驚いた。つい先日日本で、親友の五十嵐に結婚相手だと紹介された、ステラがそこにいたのだ。あくる日、ステラの家を訪ねた島は、さらに驚愕した。彼女には夫も子供たちもいたのだ。この事実を五十嵐に伝えるべきかどうか島は苦悩する。そんなある日、ステラが来ている松原の部屋に、彼女の夫が銃を持って乗り込んで来た。助けようとした島の額に銃がつきつけられた!島の波乱は続く。
  • 課長 島耕作(12)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ハツシバはフィリピンに新工場進出を計画した。だが現地のセルバンテス財閥は、進出の条件として、彼らとの合弁企業とすることを要求してきた。現地法人社長・樫村と島耕作は、100%ハツシバ資本での進出を認めさせろとの命を受けた。財閥側から出された、彼らの持つ工場の労組問題を解決しろとの条件も、島は持ち前の聡明さでクリア。私立探偵・小暮の協力も得て、島と樫村はみごと大役をはたした。だが、仕事の成功を祝う2人を、突然テログループが襲うのだった。
  • 課長 島耕作(13)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    フィリピンから日本に戻った島耕作は、新設の総合宣伝課の課長となった。企業イメージの向上をはかる新部署の初仕事は、カーレースチームのスポンサーとなることだ。だが、同じクラスには、ライバルのソラー電機が以前から参入していた。しかも、ブッチギリで速いのだ。そのソラーに勝たねば、逆にイメージダウンになってしまう。この圧倒的に不利な状況を覆すべく、島は新ドライバーの獲得に動き出した。
  • 課長 島耕作(14)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    島耕作が前任していたショールーム課の今野課長が、セクハラをしているらしい。全国各地のショウルームから、抗議のFAXが届いたのだ。事実を突き止めた島は、温情として人事には報告せず、今野に自ら配置転換するように忠告した。だが、今野は逆恨みし、懇意の福田常務に頼み込み、島は熊本へ左遷されることになってしまった!これを聞いた中沢部長は怒り、島の救済に立ち上がった。
  • 課長 島耕作(15)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    米・コスモス映画社買収の命を受け、中沢部長と島耕作は、ロサンゼルスに来ていた。だが交渉は難航し、ライバル社の東立電工に話を横取りされそうになった。東立側の妙に自信ありげな態度に疑問を持った中沢が探りを入れたところ、ハツシバアメリカL.A.支社の泉が、こちらの情報を漏らすスパイだったのだ!窮地に立たされた島たちだが、この事実を逆に利用する計画を立てる。こうして、島たちの一世一代の名演技が始まった。
  • 課長 島耕作(16)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    ハツシバに映画製作の企画が持ち上がった。200億円をかけた空前の超大作だ。成功させるためには、腕利きのプロデューサーが必要になる。そこで、ハリウッド随一といわれる、エドワード・コナーに白羽の矢が立った。島耕作は彼を引き抜くため、静養先であるタイへ飛んだ。なんとかコナーに会えた島だが、契約に際しおかしな条件を出された。スワンというゲイの踊り子とデートの約束をつけろというのだ。困惑する島…しかし、現地人運転手のソーチャムとともに、チャレンジ開始だ!
  • 課長 島耕作(17)
    登録して購入
    通常価格:
    600pt/660円(税込)
    木野会長と大泉社長は、島耕作の上司である中沢部長を次期社長に指名した。突然のことに固辞する中沢。だが島は、唯一尊敬できる上司の中沢が社長になることを望み、説得する。2人で飲み明かす内、中沢は引き受ける決心をした。新社長誕生の報に財界が騒然とする中、島の恋人・大町久美子に見合い話が。久美子の母・愛子は、島を罠にはめ、娘との仲を裂こうとする。そこで久美子選んだ決断は!?サラリーマンのビジネス・バイブル、堂々の完結巻!

レビュー

課長 島耕作のレビュー

平均評価:3.9 54件のレビューをみる

最新のレビュー

高評価レビュー

  • (5.0) オジサマたちに夢を与えた…
    パンサークローさん 投稿日:2020/7/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 そこのところで、評価「5」ですね。 実際に、それなりの立場で社会活動をしている女性たちからは、この方、かなり評判が悪いのです。 まだ、昭和50年代という、はるか昔の物語であるとはいえ、とにかく、簡単に社内外の女性と情交をかわします。すべて合意ではありますが、いくら「ふんいきイケメン」な上司だからと、二次会にカラオケに行くような感覚でベッドインする様子には、この時代はそんなに娯楽がなかったのか、これが男の理想なのかと、理解できないところです。 初期の頃は、とにかく、出世していくために、敵が多いです。中には、かなりたちの悪いやつもいるのですが、なにぶん、このスケベサラリーマン、けっこうお間抜けで、脇が甘いため、すぐに致命的な弱みを握られたりします。 それを解決するために「どうすれば?」と条件交渉すると、大概、ヒヒジジイどもが「お前のオンナを差し出せ」と、これまた、この時代ならではの吹っ掛けをしてきます。 普通の感覚の持ち主ならば、毅然として断るところですが、この方は「そういうわけなんだ。でも、僕は…」と、視線チラッチラで、そのときの情交相手に話します。すると、聖母のような女性たちが「わかったわ」と、その敵キャラに抱かれに行きます。 そして、事後にすべてが解決すると「すまない」で済ませて終わりです。そして、またミラクルにより出世です。犠牲になった女性は、自分から身を引いていくと、いう、まさに男性目線の極楽展開が繰り広げられます。 こんなことの繰り返しで、自分は順調にのし上がっていく一方、理不尽な切られ方をする同僚や部下がいても「決まったことは、仕方がないことだね。」と、いっさいの救いの手もさしのべません。 本当に、時代と、そこそこのルックスに恵まれただけの人なのでは?と、深く考えさせられます。 今なお「相談役」として連載は続き、日本の経済界の要職にもつき、人格者たる好々爺として活躍していますが、とんでもない、いったい何人の女性を踏み台に、犠牲にしてきて、その椅子に座れているのかと、怒りさえわいてきます。 言われているほどの男ではない、でも、こんな男でも、運だけで、出世していける時代があった、と、女性管理職の方々の反面教師のテキストとして、大おススメの、評価「5」を差し上げたく思います。 続きを読む▼
  • (5.0) サラリーマン
    タカマルさん 投稿日:2008/7/2
    島耕作さんみたいな方がそばに居たら惚れちゃうかも? 題材がサラリーマンの出世なので、仕事をしている方々は共感出来る事が多いと思います。 特に日本を代表する大企業のサラリーマンの方は派閥争いなど身近に感じられる話になっています。 要所要 所でキレイな女性達とお付き合いしちゃう課長も人間らしくてとても面白いです。 初めは、仕事に大した意欲もなく出世とは縁の薄い普通のサラリーマンが運命に沿って出世していくストーリーは毎回楽しくワクワクしました。 もっとみる▼
  • (5.0) 弘兼憲史氏の代表作
    もぉ~君さん 投稿日:2008/6/25
    弘兼憲史氏の作品群には、傑作が多々有りますが、作品群の中で最も有名なものを挙げよ、と言われたら、多くの人々がこの作品を挙げるのではないでしょうか? 弘兼憲史氏は、昔は某電器会社で働いていた事もあり、その事がこの作品に良い感じの味を与えてい る点も見逃せません。 本作品は「有名」であり、「傑作」でもあるといっても差し支えは無い、と考えているのは私だけでしょうか? もっとみる▼
▲ページTOPへ