漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
女性マンガ
私たちはどうかしている(7)
この巻を買う/読む

私たちはどうかしている(7)

通常価格:
420pt/420円(税抜)
(4.1) 投稿数625件
私たちはどうかしている(9巻配信中)
作品内容

素性を隠して椿と結婚した七桜は、幾多の困難を乗り越え椿との絆を深めていく。妊娠を告げ二人の愛に懸けようとするが、そんな矢先15年まえに死んだ椿の父・光月庵の旦那様は亡くなった最愛の母と恋仲で、しかも自分の実の父であることを知る。次々と明らかになっていく過去の真実。ショックを受け思い詰めた七桜は、光月庵から姿を消そうと決意。そんな七桜の前に椿の元婚約者・栞が現れ……波乱を含んだ第1部クライマックス!

作品ラインナップ  9巻まで配信中!
レビュー
私たちはどうかしているのレビュー

平均評価:4.1 625件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 続きが待ち遠しいです
    toさん 投稿日:2019/4/22
    切なくてドキドキします。 驚きの展開で続きが楽しみです^_^!!!
  • (4.0) 王道で楽しめるが、真相引っ張りすぎ
    aineさん 投稿日:2019/4/22
    面白いのですが、9巻まで一気読みして1番に思ったのは「引っ張りすぎ」ではないかと…。 それでも続きが気になって読んでしまうのですが。 中盤、城島くんを掘り下げたストーリーが長く展開された時なんて特に、主役の七桜と椿のエピソードに進展がな く、肝心の話を引き伸ばされているように感じてしまいました。 城島くんのキャラは好きですし、彼のエピソードもそれはそれで面白かったのですが、読者が1番注目しているのはやはり主役2人のエピソードなので、個人的には「彼の掘り下げ、こんなに必要だった?」と思ってしまいます。 現に和解した後はフツーに光月庵で働くモブに戻ってますし…。 そして肝心の七桜と椿のストーリーについてですが、良くも悪くも王道な印象を受けました。 絶対にこの人とだけは恋してはいけない、と思ってたはずの相手に互いに恋してしまう、許されざる恋ほど燃えてしまうような壮大かつ盛り上がり必須のキャラクター設定です。 しかしこういったロミジュリのようなエピソードは、面白いと分かり切っているだけにありがちといいましょうか。新鮮味が無い所が非常に残念でした。 この作品で最も重要になってくるのが、椿の父親の死の真相ですね。さっさと明かして欲しいのに、まだ引っ張るようで待つのが疲れてきました。 ただ一つ言えるのは、全て誤解なんだろうなということ。 子供の頃から両想いなのは目に見えています。 それでいて、別人だと思った大人になった七桜に心動かされるなんて、椿は七桜にしか恋ができないんだろうなと思わされます。七桜もまた同じ。まさに2人の運命の恋物語といった感じ。 敵対するべき2人にしては、互いに好きになるのも関係を持つのも早かったなぁと少し拍子抜けしました。 そしてラブラブで過ごす2人。火事の日をキッカケにさすがにここで全ての真相が分かって完結かなと思いきや、まさかの2部スタートに驚きました。 たしかにここから本当の意味で敵対してますが…。 女将倒さない限り2人は結ばれることができない故の行動なのでしょうか? 好きでたまらない同士が一体何やってんだ、と思えてしまいます…。 七桜の母親の秘密とかも予想通りすぎましたし、もうここまできたら七桜を愛し過ぎている椿は全て受け入れてくれると思うんですよね。 椿をこんなに惚れさせた七桜の勝ちだと思います(笑) 最後まで読むので、早く幸せになってほしい。 もっとみる▼
  • (4.0) 向かうところは
    aprilaさん 投稿日:2019/4/21
    最初の方が展開が早かったのですが、今は少し長く続きそうな感じで。復讐ストーリーかなと思いつつ、いまはどこに向かうか分からない感じです。
女性マンガランキング
▲ページTOPへ