マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガコアミックスゼノンコミックスうちのちいさな女中さんうちのちいさな女中さん 5巻
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
青年マンガ
うちのちいさな女中さん 5巻
5巻配信中

うちのちいさな女中さん 5巻

690pt/759円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

昭和9年、夏の終わりが近づいてきた東京。
初めてのお子様ランチやフルーツゼリーに舌鼓を打ったり、
見たこともない大怪物に思いを馳せたりなど、
14歳の女中のハナは彩り豊かな日々を送ります。
お盆に入り、令子が外泊中に家を数日の間、
留守番を任されるハナだったのですが…。
未知の扉が開かれる第5巻です。

新刊自動購入と月額メニュー継続で10%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  5巻まで配信中!

  • うちのちいさな女中さん 1巻

    660pt/726円(税込)

    『女中』。かつては日本女性の一大職業であり、日常の中にその姿はありました。これは、そんな女中さん達が活躍した昭和初期を舞台に14歳の女の子・野中ハナが、翻訳家の蓮見令子の女中として働く日々を描いた物語。
  • うちのちいさな女中さん 2巻

    660pt/726円(税込)

    昭和初期、14歳、女中。うちに来てから早一カ月。初めてのお休みに、令子さんと東京見学へ。そこは初めて見るものばかり。映画、マネキンガール、エスカレーター、メロンクリームソーダ。見るものすべてが新鮮です。
  • うちのちいさな女中さん 3巻【特典イラスト付き】

    660pt/726円(税込)

    昭和9年、小暑。日が延びて、ハナにとって初めての東京での夏がやってきます。
    ハナは涼しげな簡単服を作ったり、夏の台所の一仕事など、女中としてまめまめしく働きます。そんなある日、蓮見宅にハナと同年代の女の子が訪れてきて…。
  • うちのちいさな女中さん 4巻【特典イラスト付き】

    660pt/726円(税込)

    昭和9年、東京もいよいよ盛夏。
    ハナは令子さんに譲ってもらったラジオで新しい習い事を始めたり、夏の厄介者・蚊に悩まされたり、冷やし珈琲を体験したりと、充実した日々を過ごします。ある日、女学生・萬里の誘いで海水浴にでかけることに。早速、水着を用意して、ハナにとって初めての海へ赴くのですが…。
  • うちのちいさな女中さん 5巻

    690pt/759円(税込)

    昭和9年、夏の終わりが近づいてきた東京。
    初めてのお子様ランチやフルーツゼリーに舌鼓を打ったり、
    見たこともない大怪物に思いを馳せたりなど、
    14歳の女中のハナは彩り豊かな日々を送ります。
    お盆に入り、令子が外泊中に家を数日の間、
    留守番を任されるハナだったのですが…。
    未知の扉が開かれる第5巻です。

レビュー

うちのちいさな女中さんのレビュー

平均評価:4.8 69件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) ハナちゃん可愛い
    ciaoさん 投稿日:2024/7/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 何事にも素直なハナちゃんにとっても癒されてます。 そしていつも一生懸命で真っ直ぐなハナちゃんに負けないように毎日を暮らしていけたらと思っています。 いつの時代も慎ましやかに暮すのはとっても実はたいへんな事。ハナちゃんの何にもなく、普通に過ごせる事が幸せなんですの台詞になんだかホッとしています。 これからもハナちゃんの女中さんに注目してまーす。 ハナちゃんに小さな幸せが降り注ぎますように、応援していまーす。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 幸せってなんだろう
    新小岩さん 投稿日:2021/10/29
    この作品を読んでから、ずーっとそんな事を考えています。 ちょうど同じ頃、毎日の様にメタバースの話題がラジオから流れていて、益々私などには答えなど出せない様な気持ちになっています。 本作は14歳のハナが、翻訳家の蓮見令子の家で女中とし て働く日々を描いています。 戦前の昭和です。 毎話毎話、心が満たされ洗われる様な気持ちになります。 特に着物の洗張りをする姿があまりにも美しく、言葉を失い目を見張りました。一針一針着物に仕立てて行く作業に、何か祈りの様な崇高なものすら感じてしまいました。 今よりも、貧しかったかもしれない。 知っている世界も狭かったかもしれない。 不便なことだらけだったと思います。 今の時代ならしないで済む苦労も、沢山あったと思います。 それでも、生活や人々の間に、私たちが知らない美しさがあったのだろうと思います。 その美しさが溢れた漫画です。 自分の人生残り半分は、 どんな時代に向けて進んで行くのだろう。 その流れに臨機応変で居たい。 それでも忘れてはならないもの、 失ってはならないものが確かにあると思います。 味噌汁が美味しく出来た時。 炊きたてのご飯をかき混ぜる時。 そういう時に、幸せだなぁと私は感じるんですよね…。 もっとみる▼
  • (5.0) ハナちゃんと令子先生
    うさぎさん 投稿日:2023/8/19
    大好きな作品です。 若い女中さんのハナちゃんと令子先生の日々を通して描かれる大正期の市井の暮らしや文化が、とても丁寧に優しい目線で描かれています。 ハナちゃんの真っ直ぐな性格、令子先生のひととなり、二人と周囲の人々が織りなす物語に心打た れ温かい気持ちになります。 今後ハナちゃんの出自についてや令子先生のこれまでの半生も少しずつ描かれて行くのでしょうが、次巻もとても楽しみです。 一話ごとの巻末のコラムでは明治〜大正期の女性と家庭を主とした着眼点で、当時の文化や世相を解説していて、この作品がとても丁寧に大切に描かれていることを感じます。 当時の街の様子(建物、乗り物、着衣、風俗など)が細部まで描き込まれていているのも本当に凄いです。 ファンとしては続きを早く読みたいですが、ゆっくり丁寧に描く新作を楽しみに待ちたいと思います。 同様の世界観の長田佳奈先生作品「こうふく画報」「つれづれ花譚」も超おすすめです! もっとみる▼
  • (5.0) ジ〜ンと染み渡る良さです。
    沈丁花さん 投稿日:2022/7/19
    『こうふく画報』の作家さん。 とても丁寧な作画で、情緒あふれるお話を描かれる方です。 現在2巻。 物語は何も大きな事は起こりません。でも昭和初期の、家庭の仕事にも大変な手間がかかった時代の、日常の出来事です。 それなのに、自然と笑み が溢れるような、じわーっと心に染み込むようなお話です。 生前、母が「おばあちゃんは(私の祖母)はお母さんよりもっといろんな事が出来たよ。着物もほどいて縫い直したりしていたし」と言っていた言葉を思い出しました。私も娘に「おばあちゃんはママよりもっといろんな事が出来てたよ。味噌も手作りしていたし、お饅頭も餡子から作っていたし」とよく話したりします。娘は「私はママの半分も出来ないかも」と言います。 今の便利な生活になって、日本人は出来ることも増えたのでしょうが、出来なくなってしまった事も多いのかもしれません。このお話を読んで、そんな事を思いました。 とっても素敵な作品です。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

14歳の女中さんが可愛い
広報:海人(シーモアスタッフ)
14歳の女中さん・ハナちゃんと翻訳家の令子さんとの優しく暖かい暮らしが素敵に描かれています。昭和初期、女中さんというお仕事は裕福な家庭でなくても普通に雇う身近な存在でした。翻訳家の令子さんの家にやってきたちいさな女中さんは14歳の野中ハナちゃん。愛想がなく反応も薄いハナちゃんに令子さんはとまどいますが、暖かく親切に接します。真面目にきちんと仕事をこなすハナちゃんを令子さんはいつも褒め、着物をあげたり、新しい道具の使い方を教えたり、二人の暮らしは穏やかに流れていきます。当時の風俗や、様子などが丁寧に描かれ、物語の世界にすぐに入り込むことができます。大きな事件はなくても、こんなに面白く物語を描くことのできる作者の長田佳奈先生の力量は素晴らしいです。続きが読みたくなる作品です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ