漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

少年マンガ
聲の形(1)
この巻を買う/読む

聲の形(1)

通常価格:
400pt/400円(税抜)
(4.0) 投稿数213件
聲の形(7巻完結)
作品内容

「俺は彼女が嫌いだった」――明るく! 楽しく! 大冒険! がモットーの少年、石田将也(いしだ・しょうや)。耳の聞こえない転校生の少女、西宮硝子(にしみや・しょうこ)。2人の出会いが、教室を、学校を、そして将也の人生を変えていく――。余りにもみずみずしい青春のカケラたち。最高に切なく、心ゆさぶる物語が生まれました。

作品ラインナップ  全7巻完結
レビュー
聲の形のレビュー

平均評価:4.0 213件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) 心は痛むが、二人が気になってしまう
    ハルさん 投稿日:2018/6/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 最初に読んだときは心が痛かったです。しかし、後悔をした男の子が必死にヒロインに謝る姿や心のうちを打ち明けるシーンやヒロインを守ろうとするところは胸が熱くなります。ヒロインも障害をもっていても、酷いことをされても強く生きようとする力や人を信じる優しさに本当に良い子だと思いました。そんな二人のストーリーに最後まで目が離せませんでした。 続きを読む▼
  • (3.0) 憂鬱
    トラさん 投稿日:2018/6/27
    憂鬱や気分が下がる場面が多い漫画なので少し気構えて読んでほしいと思います。難しい話ではありません。
  • (4.0) 引き込まれる
    しろさん 投稿日:2018/6/21
    確かにいじめの表現が辛くなりますね。でも作者の力でしょうか、次々読みたくなる流れです。
  • (4.0) 最初はきつい
    Ayumiさん 投稿日:2018/6/19
    最初はこれはいじめの話?っていうくらいきつい。でもとてもリアル。子供ってこうだよなってところ、すごくうまく描けていると思います。先がよみたくなりました。
  • (5.0) リアルだからこそ優しいと思う
    あかささん 投稿日:2018/6/18
    自分が小学生時代に感じていた空気、そこから少し大人びて高校生になって世間を傍観するみたいに眺める距離感、学生時代のある特有の閉鎖感とか仲間意識や後先考えない無茶苦茶な行為、色んな人に思い当たるかもしれない、とても考えさせられるテーマを扱って くれた作品でした。 もっとみる▼
少年マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 少年の贖罪と成長
    著者は「マルドゥック・スクランブル」の大今良時。高校生の石田将也はあることの贖罪のため、西宮硝子を探し続けていました。将也は小学生のころ、転校してきた聴覚障害を持つ少女、硝子をいじめていましたが、ある事件をきっかけに立場が一転し、いじめの標的となってしまいます。高校生になっても孤独な日々を送る中、とある手話サークルの会場で、ついに探し続けていた硝子と再会するが…いじめ、障害という重いテーマを扱ったこの作品。いじめのターゲットがふとしたことで切り替わることのリアリティ。将也の贖罪、硝子との関係…ひたむきに過去を受け止め、絆を育んでいく二人を最後まで見届けたくなる、そんな作品です。
    制作担当:ふにゃらん
▲ページTOPへ