漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
少女マンガ
トリニティ・ブラッド 第1巻
この巻を買う/読む

トリニティ・ブラッド 第1巻

通常価格:
400pt/400円(税抜)
(3.7) 投稿数3件
トリニティ・ブラッド(21巻完結)
作品内容

文明が滅んだ遠未来、異種知性体・吸血鬼と人類の闘争が続いていた。教皇庁から派遣された神父・アベルは悪事を働く吸血鬼を逮捕するのが仕事。しかしその真の姿は吸血鬼の血を吸う吸血鬼“クルーニスク”だった…。

作品ラインナップ  全21巻完結
レビュー
トリニティ・ブラッドのレビュー

平均評価:3.7 3件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (3.0) 絵の重いゴシック
    ちび助さん 投稿日:2018/1/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 絵はすごくきれいですが、設定が吸血鬼なので画面はやや暗めです。姉妹で争ったり人間模様は複雑になっていきますが、主人公の設定も。ただ今は原作者様に静かな眠りを。 続きを読む▼
  • (4.0) ちょっと重め?
    あさごはんさん 投稿日:2016/10/13
    嫌いじゃないけど、軽くさらりと読む感じではないかな?画面で読むにはちょっと見難い部分もあるような気が。無料1巻読んでみて、どーしても続きが読みたい!とまでは至らず。
  • (4.0) いいよー
    リオさん 投稿日:2014/12/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 アベルとエステルの絡みいいよ(o^ O^)シ彡☆後で分かるエステルの姉の話し、さらにアベル対カインとのバトルすごいよ!! 続きを読む▼
少女マンガランキング
スタッフオススメ!
  • 中世・神父=イイ!
    吉田直の小説を「ZONE-00 」の九条キヨがコミカライズ!2005年にテレビアニメ化もされています。世界中を巻き込んだ大厄災・アルマゲドンにより文明は破壊され、人類の生存圏はヨーロッパ周辺まで狭まり、生活水準、文化は中世まで後退した世界で、長きにわたる人類とヴァンパイアとの闘争が繰り広げられていました。ある時、ヴァンパイア討伐のため教皇庁から派遣された神父・アベル。彼のコードネームは「クルースニク」。その意味は、「吸血鬼の血を吸う吸血鬼」という、彼の真の姿を表したものでした・・・黙っていればイケメンなのに、中身は残念なアベル。このギャップが素敵です。ヴァンパイア、中世設定好きの方はハマると思います!
    制作担当:ふにゃらん
ご来店ポイント
▲ページTOPへ