マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少年・青年マンガ青年マンガ集英社ヤングジャンプコミックスDIGITAL週刊ヤングジャンプ【推しの子】【推しの子】 13
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
青年マンガ
【推しの子】 13
13巻配信中

【推しの子】 13

665pt/731円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「ルビーがトップを獲れる人間だって私が誰より信じてる」 映画『15年の嘘』制作始動!! 星野ルビーは、黒川あかね、不知火フリルとの個人間オーディションで、主演の座を掴み、星野アイ役を演じる事が決まった。忙しさを増すアイドルおよびタレント活動に加えて演技にも本格的に挑む事に。しかし、自主稽古を進めると“役作り”に詰まり、自分自身の過去を振り返る中で、“母親”への思いに葛藤し始める。その背中を押すのは!? 大転換の13巻!!

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  13巻まで配信中!

  • 【推しの子】 11

    618pt/679円(税込)

    「子供達の心と人生を壊しながらこの芸能界(せかい)は回っているの」 アイとゴローを死に追いやった真犯人への怒りを強く抱くルビーは、至る所で亀裂を生みながらも芸能界を駆け上がる。アクアも斉藤壱護との対話で自らの思考の誤りに気付き、復讐心が再燃する事に。一方、アイドル活動に悩み始めた有馬かなは、演技の仕事に繋がればと思い参加した飲み会で大物映画監督と繋がりが出来る。しかし、これが“スキャンダル”へと発展しかけてしまい…大騒動が巻き起こる第11巻!!
  • 【推しの子】 12

    618pt/679円(税込)

    「ルビーにとって嘘とはどういうもの?」 大物映画監督・島政則の事務所マンションに出入りする様子を週刊誌に撮影されてしまった有馬かな。アクアは、この“スキャンダル”を揉み消すバーター記事を提案し、世間にも当時16歳のアイの出産と自身らの素性が明るみになる。アイが貫いたアイドルとしての“嘘”への裏切りに激昂したルビーは、アクアへの強い拒絶感を示す事に…そんな中、映画『15年の嘘』企画が本格始動する第12巻!!
  • 【推しの子】 13

    665pt/731円(税込)

    「ルビーがトップを獲れる人間だって私が誰より信じてる」 映画『15年の嘘』制作始動!! 星野ルビーは、黒川あかね、不知火フリルとの個人間オーディションで、主演の座を掴み、星野アイ役を演じる事が決まった。忙しさを増すアイドルおよびタレント活動に加えて演技にも本格的に挑む事に。しかし、自主稽古を進めると“役作り”に詰まり、自分自身の過去を振り返る中で、“母親”への思いに葛藤し始める。その背中を押すのは!? 大転換の13巻!!

レビュー

【推しの子】のレビュー

平均評価:4.6 499件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 傑作
    いちご牛乳さん 投稿日:2024/2/15
    アニメ化揉み手いませんが 気になってた作品。 かぐや様も未読ですが、 大人買いしてしまいました。 キャラクターも魅力的で 話も面白い。スピード感も 良いです。これからどうなるのか 早く続きが読みたいです。

高評価レビュー

  • (5.0) 勧められたので読んでみました。
    冬眠中さん 投稿日:2023/7/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 一巻無料の時、かぐや様の作者の新作だよと教えてもらいました。読み始めて、そこまで裏側を見せないと共感が生まれない時代になったんだなと。アイドルといえば、トイレも行かないのかと思う程現実離れした妖精みたいな存在だった。それがこの物語の始まりはアイドルの妊娠から(衝撃)。 そうか、もしかしたらあの当時のアイドルももしかしたらと。色んな業界の裏の事情というものが、ネットという協賛のないまだ自由な媒体のおかげで(フェイク含め)表に出るのが当たり前になり、それが今では生活の一部に。そんな中で生まれた世代は「正義」とか言われても、私たち世代の様にじゃあ頑張ろともう思わないのかなと。ヒーローを信じるとか古いんだろうなと。 中世と同じ貧困格差+受験の変化+インフレ。不安の中彼らが信じられるものが減ってしまったのかなと。 ある方のご家族で大手事務所にスカウトされ入り、頑張ってられた。選抜に選ばれ小さいながらもステージに立って。ファンとの交流も。そこで目に見えたのが人気でした。全国大会常連強豪校の部活の様な練習自主練をしても、あの世界は人気という推しの数が現実的に目に見え、なのに人気が出る為の正しい努力は存在しない。大変な世界だと思う。 それでも思う事は、引き立て役だと思ってもそのステージに立てる事がどれだけ凄い事かなと。一生懸命歌って踊って、汗を飛ばしながら満面の笑みで手を振ってくれる。それがどれだけ見ている人の明日からの元気になるのかなと。ある意味、疑似家族になったかの様な感覚を覚えるステージ。そんな彼女たちを、心底応援したいなと思ってしまう、それが今のアイドルなのかなと。 一巻のみの感想で申し訳ないですが、全ての付箋がこの巻にありそこから物語が始まるのかなと。何か推理小説の様な、皆疑って見てしまいそうな、そんな始まり方がとても良かったです。 最後にこの作品もそうですが、日本のソフトカルチャーは世界的人気だなと。それはある世代からの価値観がボーダレスで…同じ環境下で皆同じ想いで生きていているからかなと。それが絶望ではなく希望だったらなと 続きを読む▼
  • (5.0) まちがいなく「令和初期の傑作」になる作品
    パンサークローさん 投稿日:2023/2/18
    【このレビューはネタバレを含みます】 現在配信されている10巻まで読んで、またかえってきました。 最初は、主人公と、彼を慕うアイドル好きの少女が「夢にまで見た本物」と出会い、繰り広げられるサスペンス劇かと思いましたが、いい意味でめちゃくちゃに裏切られました。 作品名も、すこし読み進めると「あ、そういう意味で?」と感心しきり。 中盤にさしかかるころには、初期キャラの印象は消え去り、芸能界の群雄割拠モノになっていきますが、それもまたおもしろい。 一度、消えかかった、もしくは完全に消えたと思ったキャラが思わぬ復活や成長をして、物語の幅が広がったり、ひとりひとりの「ルーツ」をソコソコ掘り下げていく過程もまた、おもしろい。 半グレ系の作品でも、そういうルーツたどりはあるけど「こういう環境だから、道を踏み外さざるを得なかった」的な、胸ク〇な言い訳ばかりが垂れ流されて辟易することがあるけど、この作品のキャラの掘り下げは本当に見事であると思う。 そして、圧倒的に、絵がカワイイ。青年誌に連載されているから、男性ウケを狙ってのことかと思わせるも、女性が見てもカワイイ顔立ちのツボを本当によく抑えている。 途中から、芸能界出世物語に、またサスペンスの要素が加わってきた。正直なところ、もうそこはいいんじゃないかと思うところもあるが、まだ実現していない「まさかの再会」のためには、そこのところも展開も必要なのかと思う。 アニメ化も、おかしなイジリをされなければ、大ヒットになるのではないかと。 将来、令和初期の大傑作のひとつにかぞえられるのは、確実。おすすめの作品です。 続きを読む▼
  • (5.0) ミスリードを誘うように捻りのあるタイトル
    romance2さん 投稿日:2024/1/23
    最新刊13巻まで読んで。 よく読む少女漫画界隈では、キラキラの芸能人が華を振り撒く様な、芸能界の光ばかりが描かれてる事が多かった。本作は、自分を売り込む為に、自分を素材として冷静に見つめ、先を見据え、汗、それにひょっとしたら血くらいも吐く ほど努力する。考えて工夫して、しかも周囲と様々なウェットな人間関係も築く。 それでいて、恐さやミステリーも。夢とかフワッとした曖昧なあこがれでは単純に語られない。 彼らも人の子であり、血肉通う環境も容赦ない大人の仕打ちに傷つきながらも前を向き、サバイバルをがんばっている。 無料の時に1巻だけ読んでからずっと、その先を読みたかった。やっと通しで此処まで読むことが出来て、ストーリーの縦軸にある、アイが遭遇した不幸な事件に登場人物達が何人も斬り込んでいく状況へ。 アクアが心配。悪くないようにと願っている。 表紙の綺麗な感じに中の絵ももう少し…、とは思う。特に顔。口元。また、台詞に説明口調が多いとき、コマが文字の比重を強調してると感じるので、一頁内に収めるための詰め込みが悪目立ちしている気がする。 もの凄く狭い世界の中でごちょごちょやってる様に思わせないように、各エピソードに顔を揃えるキャラ達の扱いに必然性がもっとあると、有機的展開に納得感が出る気がする。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

はじまりハジマリ
制作:クリームめろん(シーモアスタッフ)
1巻通してガッツリ物語が進んで、ずっと面白くて引き込まれるのに、アクアから漂うまだまだ序盤ですよ感。ギャグ感強めなのに男女それぞれ共感話&いい話がある【かぐや様】の赤坂アカ先生と、題材のゲスさと絵の綺麗さの相対美だった【クズの本懐】の横槍メンゴ先生タッグ作品。面白くならないはずがない!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
アニメ化

「【推しの子】Mother and Children」

【声の出演】

アイ:高橋李依 / アクア:大塚剛央 / ルビー:伊駒ゆりえ / ゴロー:伊東健人 / さりな:高柳知葉 / アクア(幼少期):内山夕実 / 潘めぐみ:有馬かな

【あらすじ】

「この芸能界(せかい)において嘘は武器だ」地方都市で働く産婦人科医・ゴロー。ある日"推し"のアイドル「B 小町」のアイが彼の前に現れた。彼女はある禁断の秘密を抱えており…。そんな二人の"最悪"の出会いから、運命が動き出していく―。

【制作会社】

動画工房

【スタッフ情報】

原作:赤坂アカ×横槍メンゴ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)

監督:平牧大輔 / 助監督:猫富ちゃお

シリーズ構成:田中仁 / キャラクターデザイン:平山寛菜 / サブキャラクターデザイン:澤井 駿 / 総作画監督:平山寛菜、吉川真帆、渥美智也、松元美季 / メインアニメーター:納 武史、沢田犬二、早川麻美、横山穂乃花、水野公彰、室賀彩花 / 美術監督:宇佐美哲也(スタジオイースター) / 美術設定:水本浩太(スタジオイースター) / 色彩設計:石黒けい / 撮影監督:桒野貴文 / 編集:坪根健太郎 / 音楽:伊賀拓郎 / 音響監督:高寺たけし / 音響効果:川田清貴

【音楽】

OP: YOASOBI「アイドル」

【公開日】

2023年3月17日

【関連リンク】

公式サイト「【推しの子】Mother and Children」

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ