電子コミック大賞
TOP
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
囀る鳥は羽ばたかない 1

真誠会若頭の矢代は男なら誰でもいい淫乱と噂される男だったが、部下には手を出さないと決めていた。
しかし、付き人兼用心棒の百目鬼だけは例外で…
劇場アニメ化もされたヤクザBLの金字塔、ヨネダコウ先生大ヒット作「囀る鳥は羽ばたかない」
傷を抱えて生きるふたりの物語――

作品内容

ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興業の社長だ。金儲けが上手で、本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。矢代に誘われる百目鬼だが、ある理由によりその誘いに応えることができない。自己矛盾を抱えて生きる矢代と、愚直なまでに矢代に従う百目鬼。傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる──!  ※本作に収録されている「漂えど沈まず、されど鳴きもせず」は、「iHertZ band.1」で配信した作品です。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  7巻まで配信中!

  • 囀る鳥は羽ばたかない 1

    648pt/712円(税込)

    ドMで変態、淫乱の矢代は、真誠会若頭であり、真誠興業の社長だ。金儲けが上手で、本音を決して見せない矢代のもとに、百目鬼力が付き人兼用心棒としてやってくる。部下には手を出さないと決めていた矢代だが、どうしてか百目鬼には惹かれるものがあった。矢代に誘われる百目鬼だが、ある理由によりその誘いに応えることができない。自己矛盾を抱えて生きる矢代と、愚直なまでに矢代に従う百目鬼。傷を抱えて生きるふたりの物語が始まる──!  ※本作に収録されている「漂えど沈まず、されど鳴きもせず」は、「iHertZ band.1」で配信した作品です。
  • 囀る鳥は羽ばたかない 2

    695pt/764円(税込)

    真誠会若頭で真誠興業の社長である矢代は、ドMで変態、そして淫乱だ。元警察官で付き人兼用心棒の百目鬼は、矢代を綺麗と言ってはばからず、心酔している。だが、矢代が昔から想いを寄せる影山と、その恋人久我の存在を知ると次第に百目鬼の矢代への想いも変化し、それを自覚していく。そんなとき、矢代が何者かに狙われる。
  • 囀る鳥は羽ばたかない 3

    648pt/712円(税込)

    真誠会若頭の矢代は、男なら誰でもいい淫乱と噂される男だったが、部下には手を出さないと決めていた。けれど、付き人兼用心棒の百目鬼だけは例外だった。性的に不能で感情を見せない百目鬼の存在は、何をしても性的対象として見られることのない安心できる存在のはずだった。一方、何者かの銃弾に倒れた矢代を目にした百目鬼は、自分の矢代への想いがなんであるのか、はっきりと理解した。矢代のために変わることを決意した百目鬼と、そんな百目鬼に戸惑う矢代。ふたりの関係が変わり始めた──!?
  • 囀る鳥は羽ばたかない 4 【限定版小冊子付】

    917pt/1,008円(税込)

    真誠会若頭の矢代は、男好きの淫乱と噂されているが、
    部下とは関係を持たないと決めていた。
    しかし、矢代の命が狙われる抗争のなか、
    付き人兼用心棒の百目鬼との関係が、大きく変わりつつあった。
    自分の気持ちを自覚し、矢代を守ることを決意した百目鬼。
    守られる立場から、守る立場にーー。
    欲望を向けられることのない存在であったはずの百目鬼に、
    矢代は別の感情を持つようになる。
    そんなとき、矢代はある事実に気づき……

    【限定版小冊子「遠火」を巻末に収録配信!!】
  • 囀る鳥は羽ばたかない 5

    667pt/733円(税込)

    抗争の最中、真誠会若頭の矢代は百目鬼の部屋で向かい合っていた。
    百目鬼への想いから目を逸らしていた矢代。矢代を守りたいと思っていた百目鬼。
    ふたりは互いに強く意識しつつも、これまで一線を越えないよう気持ちを堰き止めていた。
    けれど、追いつめられた百目鬼が矢代に気持ちを告げたとき、
    それまで保っていたバランスが崩れてしまう。
    自分に大事なものができてしまう、失ってはいけないものができる──
    矢代が選んだ道は……!?
  • 囀る鳥は羽ばたかない 6

    667pt/733円(税込)

    これまで守り通してきた一線を、
    ついに越えてしまった矢代と百目鬼。
    百目鬼は矢代がかけがえのない存在であることを、
    矢代は百目鬼への感情の正体と、
    自らをかたちづくる矛盾の正体に直面する。
    大切だから、離れない。
    大切だから、手離す。
    平田との抗争が切迫する中、百目鬼を捨て、
    ひとりでけりをつけようとする矢代だったが……

    命をかけた抗争の行方は?
    矢代と百目鬼の関係は?
    怒濤の新展開!!
  • 囀る鳥は羽ばたかない 7【特典ペーパー付き】

    700pt/770円(税込)

    平田との抗争終結から四年。

    矢代は組を離れ、闇カジノの金主として稼いでいる。

    カジノには時折、三角が訪れ、そろそろ真誠会に

    戻るようせっつかれていた。

    一方、矢代から捨てられた百目鬼は、真誠会と

    良好な関係を結ぶ三和会系桜一家の組長・綱川の下で

    ヤクザになっていた。

    四年間、一度も会うことのなかった矢代と百目鬼。

    けれど、ある事件をきっかけに再会して!?

    止まっていた時間がついに動きだす!!


    【協力書店様共通の特典ペーパー(1P)を巻末に収録配信!!】

レビュー

囀る鳥は羽ばたかないのレビュー

平均評価:4.8 1,505件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 深い、、
    うゆさん 投稿日:2023/2/7
    【このレビューはネタバレを含みます】 この作品に出会えてよかったです、、。 しかし2、3回読んだだけでは読み解けないです(汗)考察を考えながら読むとさらにこの作品にハマります! 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 表紙のタイトルが小さくてかっこいい…
    GOさん 投稿日:2022/8/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 個人的大好き作品その8― 今まで読んだBL漫画の中でベスト1は?と聞かれたら自分はこの先ずっとこの作品をあげるんだろうな。――― 漫画の表紙の絵の色あいがタイトルの字の小ささがかっこよすぎます!――― 気にはなってたのですが完結ではないし試し読みでは面白そうだけど登場人物紹介でみんな同じような顔だったのでちょっとかためな感じかなと購入を迷ってましたが、表紙の好みを信じ思いきって全巻購入してみたら…今1番続きが待ち遠しい漫画になってしまいました! これは大変です、面白すぎます!好きになってしまえば登場人物達も全然同じ顔ではありません。 矢代さんは色気があって本当にカッコいいのにかわいい部分もあり百目鬼さんは寡黙…だけど矢代さんがいい感じでちょくちょくいじります。――― 個人的には百目鬼さんって天然?な所もあると思ってるからか2巻の7話で百目鬼さんと影山先生の会話で影山先生が[****な**だろう?]って言ったら百目鬼さんが[***?]って聞いてるんですけどその後の会話は普通に成り立ってるんだけど、ある意味影山先生も鈍感なのでスルーしてるけども曲がった見方をすると百目鬼さんが天然解釈で[***?]…行くんですか?ってとらえて聞き返しているような感じにもとれてしまい勝手に面白く思ってました。――― 5巻の25話でも百目鬼さんの矢代さんにしたある行動がもし別の意味でそうしたのなら面白いなって場面があるのですが、そちらはその行動理由に言葉があるので考えすぎかもしれませんが、本当は*が見たいから*をむかせる為にそうした行動だったのなら面白いなぁって勝手に考えてました。だって今その行動?ってタイミングだったし矢代さんもおれて百目鬼さんに*をのばして結局百目鬼さんの希望通りになった感じにもとれるしなぁ~って勝手に考えてました。――― 個人的には最近BLデビューしてよかったのかも… この作品は続きを待つのはつらすぎます…――― 連載はじめから読んでる方はきっと強い精神力が必要だったと思います。――― 個人的には次号のイァハーツ買ってしまうのでしょう。てかおそらくこれからずっと… 待つのが辛すぎて声に出して読んだりしてしまってますが連載はじめから出会ってたらと思うと精神力はもっと必要だっただろう。――― 本当に購入してよかったです。何度も読み返してる漫画です。完結したら紙でも残しときたいな。 続きを読む▼
  • (5.0) どう救済されるかを、最後まで見届けたい…
    amfrさん 投稿日:2021/7/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 幼児に性的暴力を振るう胸くそ悪い連中(言葉遣い失礼)の多くは、子供が他の大人に助けを求められないよう「俺にこんなことをさせるお前が悪い/お母さんに知られていいのか?/お前だってこれが好きなんだろ」などと子供を一方的な暴力の被害者ではなく共犯者に仕立て上げることで抵抗を封じるといいます。事の発覚をまぬがれ、或いは自分の罪悪感を軽くするための卑怯の上塗り。立場でも力でも論理でも自分を守る術を持たない幼い矢代がまんまと餌食にされていく様は、見ていて悔しくて吐きそうでした。 望まない性行為を強要され体も心も屈服させられた苦痛を一人で抱えるしかない子供は、苦痛を緩和させる自己防衛として例えば多重人格* や記憶・感覚・意欲の減退、摂食障害や薬物依存などに陥ることも多いといいます (そういえば『残酷な神が支配する』のジェルミや『gift』の勁もそうでした)。「とりあえず生きているだけ」という矢代の言葉に、生きたいとか死にたいとか思う熱量すら持てない彼の乾いた絶望が浮かび上がるようでした。 これまで無価値なガラクタのように自分の体を男たちに投げ出し暴力的性 交を重ねてきた矢代にとり、彼を傷つきやすいもののように隅々まで優しく慈しむ百目鬼の愛し方は、過去に傷ついてなどいないと思い込もうとしてきた矢代の根幹をぐらりと揺るがしたはず。それは吐き気を伴うめまいのような感覚だったことでしょう。 傷ついた自分を認めることは、耐えがたい悪夢も同時によみがえらせるということ。それゆえ通りを歩く母子の姿から目をそらしたり(7巻)記憶を喚起させるものを直視せず固く封印してきた。しかし辛い時には辛いのだと、悲しい記憶を悲しかったのだと感情を解放させることでしか救われない苦痛もある。暴力に泣いていた幼い自分の幻影を見つめ涙した矢代の表情に、ここからどうか救われてくれと祈らずにいられません。 愛し愛されたいと願った友人のためにヤクザに身をやつした矢代。以降の凄惨さの殆どを知らない百目鬼が矢代の本質をそれでも「綺麗だ」と肯定したことが重要だと感じます。 ヨネダコウ先生がこの物語のテーマの1つに「(魂の)救済」をおいていらっしゃるなら、矢代はきっと救われる。それがどのようになされるのか、佳境に入りつつある物語をみなさんと一緒に見届けたいです。 *現在は解離性同一性障害と言うようです 続きを読む▼
  • (5.0) 映像で語る人間ドラマ溢れるスルメ作品
    テテさん 投稿日:2023/1/26
    人生で出会えてよかったと本気で思う作品のひとつです。年下攻め×年上ヤクザ受け。その設定だけでは語りきれないほどしっかりした背景のあるキャラクターたち。ちゃんとBLが主軸ではあるけれども、その枠で収まるのが勿体ないくらい内容が深くて面白い作 品です。 舞台は極道ですが、キャラクターの人間ドラマメインで、冷徹な極道要素(殴る蹴る殺すなど)は4割くらいかなと私的には思ってます。抗争なども重要ではありますが、それが起きたのも結局は人間くさい理由からなのでやっぱりそっちメインかなと。あと七原や杉本のようにヤクザにしては可愛らしいのがいるので、逆にガチヤクザものが見たい人には物足りないかも知れませんが、中にはヤクザらしく容赦がないかっこいい人もちゃんといますので個人的には程よい極道感でした。 1番深く掘り下げられてる矢代は、1~4巻までは大体作品紹介のイメージのままなんですが、5巻以降を読むと矢代の見え方がガラッと変わります。7巻まで読んでしまえばもう矢代沼にハマります。矢代ガチ囲い勢になります。 ただ大事なシーンほどセリフやモノローグ無しで、映像だけで語ることが多いのである程度読み込むことが必要だと思います。もう何周したか分からないくらいリピートしてますが、初見で分からなかった所などは未だに新たな発見や気づきがあります。 えっちなシーンは先生の作品の中では1番多いですが、モブやサブとしてるシーンが多いのでそれが苦手な方は読みづらいかも。ただ、本命とした1回が色んな意味で最高すぎたので買う価値あります。えっちシーンなのに泣ける!くっそ切ない!そしてその1回が大容量! 現在も連載中で2人の関係性はいまだ落ち着いていません。ですが2人の距離感が、出会った頃・抗争中・4年後再開時どれも絶妙なので、イライラするようなもどかしさは一切なかったです。 1回読み始めてしまえばヨネダ先生ワールドにハマること間違いなしだと思います。 本当に読み込めば読み込むほど味のするスルメ作品です。8巻発売日が待ち遠しいです!! もっとみる▼
  • (5.0) 感想をかかずにいられませんでした、、、
    パスさん 投稿日:2021/3/6
    【このレビューはネタバレを含みます】 6巻まで一気読みしたあと、続きが気になって気になって。忘れた頃に新刊がやってきました、喜んだのも束の間、また気になるところで終わりましたね。きっと完結するまでこの飢餓感を味わい続けることでしょう。 矢代の過酷な子ども時代と、今の飄々とした姿のギャップが大きすぎて、、、。現実を生きていくために蓋をした思いがあり、そのために自分に向けられる好意を拒絶せざるを得ないのでしょうか。右腕が動いた直後の虚無の表情、どんな暴力シーンよりも得体が知れず怖かったです。嘘偽りなく心を向けてくる百目鬼だからこそ遠ざける、というのは一般的な感覚では理解が難しいですよね、、、。百目鬼と矢代、どちらもお互いの方が自分より大事で、大事だからこそ百目鬼に堅気でいてほしいっていうのがたった一つの矢代の欲なのかなぁ。平田組長との会話の中で矢代の言った、死にたがってはいない、けど特に生きようとも思ってない みたいなセリフが、矢代の本音に近いように感じました。 あのようなトラウマのためか性的に奔放で性行為への依存もある矢代なので、性描写で矢代が内面的に何を感じていくのかが重要で、性描写が必須の漫画ですね。そんな漫画ってなかなかない、、、。すごいものを見させていただいてるなぁと感じます。 新章は上下関係は一旦解消された2人なので、百目鬼がもっと突っ込んで矢代と関わりそうですね。なんとなく、矢代はもう(不)特定多数と関係を持つようなことはしなく(できなく)なってるのではと思いましたが、多分に私の希望でしょうか笑 矢代は他人の好意を受け入れることができるようになるのでしょうか、、、。百目鬼の力でどうかそうなっていくようにと、願ってやみませんが、人は変わるのか、変われるのか。変わらないのか、変わることなんてできないのか。作中にも何度かこのような話が出てきていますが、続きが1番楽しみな漫画です。先生!どうか、描き切ってください〜〜! 続きを読む▼
  • (5.0) BLという枠を超える名作
    AO chanさん 投稿日:2016/9/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 BLなんて読まない方にこそ、読んで欲しい…。 3ヶ月ほど前に初めてBLを読んだ初心者です。 あまり良いイメージがないBLですが…実際に読んでみると同性だからこそ人知れず秘めるような想いが描かれている世界で、胸に残る作品も多いことにビックリしました。それでも腐女子なんて言葉や男性同士の性行為が描かれたマンガを読んでるなんて、間違いなくひた隠しするべきことだと思っていたのですが…この作品は、そんな私の概念?心理?を見事に砕いてくれました。 BLだろうが自分の手元におきたくてコミック買いに書店行きました。だってまるでパズルのように、呟きや仕草、視線に心情が隠されているように、読めば読むほどパズルが完成してゆくように物語がひろがっていくんです。 この作品は、正しく人間の本質が描かれています。 主人公である矢代は、痛々しいほどの人生を生きていくなかで、人を好きになり、その好きになった相手が男だったことへの絶望感を感じ、孤り涙します。 自分の人生や過去に、誰よりも傷付いた心で、大切な人を優しく見守るように一途に想う…そんな矢代のことを『優しくて強くて綺麗な人』だと心惹かれる、これまた壮絶な過去のせいでインポというトラウマを抱えた百目鬼の物語です。 誰よりも穢れながら、誰よりも純粋なまでにキレイな心を持つ矢代、そんな矢代の優しさに泣け、頭として魅せるその強さに惹かれ…そんな矢代が唯一、心を許せる百目鬼との時間に思わず2人の幸せを願わずにはいられないんです。哀しくて、切なくて、愛しい。 9/30に発売される4巻はコミックで買う予定ですw ヤクザものだし、絵が苦手な方もいるかも知れませんが、読めば絶対的に引き込まれる世界観があり、読み終わる頃には矢代や百目鬼が滅茶苦茶、良い男に見えると思います(笑) 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

ヤクザにスカウト
営業:ラッキーボーイ (シーモアスタッフ)
年少上がりでケンカが強くキレると止まらなくなる久我。そんな彼を、真誠会若頭であり、真誠興業の社長でもある八代はとても欲しがっていました。夜中、八代に呼ばれてきた腕力はあるが不器用な使えない医者影山は、八代の部下をどんどん怪我させていく久我を一発KOします。目を覚ました久我に頭突きされて苛ついてるのにひとまず自分家に置いといてくれなんて言う八代。久我は幼い頃から酷い目にあってきたらしく、体には無数のタバコの跡がありました。それでもしっかり自分を持っている彼。八代が欲しがるわけだ…。著者はヨネダコウ先生で、代表作「とうしても触れたくない」もオススメです。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 
同時期放映メディア化作品

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ