漫画(まんが)・電子書籍ならコミックシーモア!

マンガ・電子書籍ならシーモア
少年マンガ
舞妓さんちのまかないさん 10
この巻を買う/読む

舞妓さんちのまかないさん 10

通常価格:
600pt/600円(税抜)
(4.6) 投稿数84件
舞妓さんちのまかないさん(10巻配信中)
作品内容

雨降りの6月、あの子が京都にやってくる…梅雨に入った京都。いつもと変わりない日々が過ぎていく屋形での日々…と思っていたら、キヨちゃんとすーちゃんの幼なじみである青森の高校生・健太が修学旅行で京都へやってきました!集団行動なのに、気もそぞろの健太が探しているのはもちろん――さて、果たして人がいっぱいの京都で3人は再会できるのでしょうか!?京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語、節目の10巻です!

作品ラインナップ  10巻まで配信中!
レビュー
舞妓さんちのまかないさんのレビュー

平均評価:4.6 84件のレビューをみる

最新のレビュー
  • (5.0) キヨ自身がお家なんだろうなぁ…
    にるさん 投稿日:2019/6/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごくほのぼのとしていて、穏やかな気持ちになれる作品。 作品本編の内容もそうですが、たまに挟まれる作者様のごはんメモがまた読んでいて楽しいし、和みます。 料理好きじゃないんですけど、読んだら何か作りたくなる…。 キヨの気遣いや心配り、彼女の何気無い優しさや行動が他の人に影響しているし、読んでいる此方もほっこりします。 以前舞妓のドキュメンタリーを動画で見かけてから色々調べたことがあるんですが、細かい部分の描写や台詞から、作者様がよく調べてらっしゃるなぁ〜というのが感じました。(置屋のお母さんが、舞妓のことを「舞妓ちゃん」と言ったり、「うちとこ」を「うっとこ」と言ったり) あと、幼馴染三人組の、あの独特の感じがまたたまりません。 健太はキヨが好きで、すーちゃんは健太のことが好きという描写がありますが、でもすーちゃんはキヨのことをすごく大事に想っている印象が強いですね。 健太とは離れていても大丈夫だけれど、キヨがもしいなくなったらすーちゃんは独りでは耐えられないのじゃないかな?と思う。 お稽古やお座敷が大変で物忘れをしてしまう中、別にいいかと思うすーちゃんが、昨日のキヨのご飯を思い出せないだけで泣いてしまうのがまた…あの描写にほろっときてしまいました。 そして眼鏡さん姉さんはお調子者だけれど、すごく周りを見ていますよね。 キヨが毎週水曜日にコーヒー牛乳を飲んでいるのも、ちゃんと見てないと気付かない部分ですし。 お母さんも含めてどの子も好きだなぁ…(*・ω・*) 続き楽しみにしております!! 続きを読む▼
高評価レビュー
少年マンガランキング
▲ページTOPへ